ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

可搬式オービスを半固定式はどう流用している?

大阪府警が全国に先駆けて阪神高速に導入した半固定式オービスは、一見するとこれまで導入されてきた可搬式オービスをそのまま高速道路脇に設置しただけのようにも見えます。しかし、じつは半固定式オービスと可搬式オービスでは機能が異なる部分があり、その違いが大阪府警から入手した文書からわかったのです。


可搬式オービスを半固定式はどう流用している?

半固定式オービスは可搬式をローテ

大阪府警が阪神高速で2021年から運用をはじめた半固定式オービスは、オービスを設置する基台部分を複数ポイントに設置。その上に可搬式オービスのひとつ「LSM-310」を取り付けてスピード違反の取り締まりを行います。現在のところ、基台は3地点に設置され、1台のLSM-310がローテーションされています。

もともと可搬式のLSM-310は、スピード測定用のレーザースキャンセンサー、違反車を撮影するためのカメラやストロボ・記録装置、これら各機器を動かすための電源ユニットが一式となったもの。このうち、ストロボとその他機器を格納したユニットは分割可能です。

じつは、半固定式オービスで使用されるLSM-310は、可搬式オービスとは微妙に仕様が異なっています。半固定式オービスで使われるLSM-310には「LSM-310-hk」という別な型番があるのです。

半固定式オービスはNTT光回線を利用

LSM-310がバッテリー駆動であるのに対し、LSM-310-hkは電源を基台部分から供給する仕組みとなっており、AC90~110Vで動作します。ただし、ストロボの発光では一時的に大容量の直流電源が必要となるため、それを貯めるためのバッテリーも内蔵しています。

また、LSM-310には搭載されている撮影画像の記録装置がLSM-310-hkにはなく、撮影画像は通信回線を利用して中央装置へと直接伝送。利用する通信回線は「フレッツ光ネクスト等」と指定されており、中央装置との通信にはNTTの光回線を利用します。

さらに、LSM-310-hk用の基台を設置する際には、高速道路の外側に電柱を建て、そこから電力会社が供給する電源とNTTの通信回線を基台まで配線しているのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事