ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

可搬式オービスと固定式で取り締まり速度は違う

スピード違反を無人で24時間取り締まる装置「オービス」は、大がかりな設備が必要だった固定式が高速道路や幹線道路を中心に設置されてきました。一方、最近各地で目撃されている可搬式オービスは、生活道路でも取り締まりが行われるため油断ができません。加えて、可搬式オービスと固定式では取り締まる違反スピードも違うのでした。


可搬式オービスと固定式で取り締まり速度は違う

固定式オービスは赤切符の違反のみ

スピード測定装置とカメラ・ストロボを組み合わせ、スピード違反車を発見した際に撮影を行うのがオービス。後日、警察署へ運転手を呼び出し違反切符を切るというのがスピード違反取り締まりの流れです。オービスの取り締まりは、かつて赤切符となる30km/h(高速道路は40km/h)以上の速度違反が対象といわれてきました。

30km/h未満がオービスの取り締まり対象にならない理由として、撮影にフィルムが使われていた時代は取り締まり件数が増えるとフィルム切れを起こすといったことが考えられました。しかし、現在の固定式オービスはいずれもデジタルカメラを使用し、撮影画像をリアルタイムで伝送するため、撮影枚数の制限がありません。

それでも、固定式オービスによる取り締まりは赤切符の違反のみという状態がいまだに継続しています。これは、オービスによる無人撮影を無制限に認めると肖像権侵害の可能性があるため、制限速度を多少超えた程度では撮影してはいけないという判決が過去に出ているためなのです。

可搬式オービスは青切符も取り締まる

一方で最近、各都道府県警が導入を進める可搬式オービスでは事情が異なり、30km/h未満の青切符となるスピード違反でも取り締まりが行われています。これは、固定式オービスによる取り締まりが無人で行われるのに対し、可搬式オービスによる取り締まりには警察官が立ち会うといった違いがあることが理由です。

警察官立ち会いのもとで行われる取り締まりであれば、警察官自身が現場でスピード違反を確認しているため、オービスによる撮影も現行犯の証拠収集活動として認められる可能性が高くなります。また、固定式オービスの直前には警告板が設置されていますが、可搬式オービスでは警告板が設置されないケースも多くなっています。

なお、大阪府警が阪神高速に導入し茨城県警など各地の高速道路で設置準備が進む半固定式オービスについては、無人で取り締まりを行うため固定式と同様の運用が行われている模様。阪神高速の場合、半固定式オービスの基台が設置されたポイントの直前には警告板も設置されています。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事