ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

モバイルバッテリーのシェアサービスの使い勝手

スマホのバッテリーが無くなりそうな時には「モバイルバッテリーを購入する」「電源が使えるカフェに行く」といった選択肢がありますが、第三の選択肢として登場したのが、モバイルバッテリーのシェアサービス「ChargeSPOT」です。そんなモバイルバッテリーのシェアサービスの使い勝手を調べました。


モバイルバッテリーのシェアサービスの使い勝手

ChargeSPOTの利用には専用アプリ

モバイルバッテリーのシェアサービス「ChargeSPOT」は、一部のローソン・メガネスーパー・コクミンドラッグなどの店舗に端末が設置されており、そこに貼られているQRコードを専用のスマホアプリで読み取ることでレンタルが可能です。

1時間150円からで、レンタルした店舗以外でも返却できます。具体的なレンタル価格は最初の1時間が162円で、1時間以上48時間未満は324円、48時間以上は2,463円で買い取りとなる仕組みです。

実際の利用方法は、専用アプリでアカウントを作成して、支払い方法を選択。支払い方法は、クレジットカード払いとチャージ払いから選択可能です。チャージはクレジットカードのほか、NTTドコモ・au・ソフトバンクのキャリア決済と、Tポイントに対応しています。

地図上から、ChargeSPOTのバッテリースタンドを見つけたら、バッテリースタンドに貼られているQRコードをアプリで読み取ります。すると、バッテリーが充電器から出てくるというわけです。

ChargeSPOTはケーブル位置が微妙

スマホを充電し終わったら、再びアプリで返却可能なスタンドを探します。空いているスロットにモバイルバッテリーを差し込めば返却は完了です。

モバイルバッテリーはLightning・microUSB・Type Cケーブルの3本を装備しているので、ほとんどのスマホに対応。スマホアプリの使い勝手が良く、直感的に操作できるのもポイント。レンタル中に、経過時間や価格が常に表示される点も安心です。

ただし、ケーブルの位置が微妙なのは難点。スマホの横に端子が付いている場合、バッテリーを接続すると持ち運びが超不便。スマホを片手持ちで操作するのはほぼ不可能です。

なお、バッテリースタンドはメガネスーパーなどの店舗内に設置されているため、必ずしも24時間営業ではないことは要注意。返却時間を考慮した上でレンタルする必要があります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。