ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホで使えるボイスチェンジャーを試してみた

無登録の仮想通貨を販売して20億円近く騙し取った疑いで、投資関連会社の社長らが逮捕されました。男性を勧誘する際は「ボイスチェンジャー」で女性の声に変換して電話。女性になりすまして、マッチングアプリで男性を勧誘していたといいます。リアルタイム変換に対応するボイスチェンジャーを入手して、その実力を試してみました。


スマホで使えるボイスチェンジャーを試してみた

外付けのスマホ用ボイスチェンジャー

アキバガレージの「ボイスチェンジャーABC-WSB」は、外付けタイプのスマホ用ボイスチェンジャー。スマホ側には専用アプリなどのを導入は不要で、標準の電話アプリで使えるのがポイントになります。

ボイスチェンジャーの使い方は、スマホとマイク付きイヤホンをそれぞれ接続。iPhoneに接続する場合は、付属のLightning変換アダプタを使用します。

ボイスチェンジャーの電源をオンにして声色を選んだら、あとは普通に通話するだけ。電話をかける時も受ける時も、どちらのケースでも利用可能です。

スマホでボイスチェンジャーを試した

ボイスチェンジャーは女性声・男性声・ロリ声(幼くなる?)・子供の声など、4タイプに変換できる仕様。また、4種類のエフェクトをかけることも可能です。

実際にスマホでボイスチェンジャーを試してみたところ、自分の話し声の音量が小さくなりがちなので、意識して大きな声でしゃべるのがコツでしょうか。また、自分の声がイヤホンから聞こえるので、少し慣れは必要そうです。

また、50代男性が女性声に挑戦してみると、機械音っぽさやノイズは若干あるものの、声が高く細くなって10代女子のような可愛らしい声色に変換されました。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事