ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

OPPOのスマートウォッチはフィットネスに特化

OPPOブランドのスマートウォッチは3種類リリースされており、なかでも「OPPO Band Style」はフィットネスに特化したモデル。1.1インチの有機ELディスプレイ搭載で、本体はコンパクトながら、心拍計や血中酸素濃度の測定、睡眠のモニタリング機能など、スマートウォッチとして基本的な機能を一通り備えています。


OPPOのスマートウォッチはフィットネスに特化

OPPO Band Styleの操作性は問題なし

OPPO Band Styleのスポーツモードは12種類で、ランニングやサイクリングなど主要なものをひと通りカバー。一定の心拍を保って効率的なランニングができる「脂肪燃焼ランニング」などの独自機能も特長です。

アプリが中国語混じりだったり、ランニングのルート表示が不安定だったり、気になる点はありますが、本体のレスポンスも良く操作性は全く問題ありません。

OPPO Band Styleは睡眠時間やレム睡眠・ノンレム睡眠のサイクルを記録する機能に加えて、それらを元に睡眠の質を評価をする機能を搭載。しっかり寝ても疲れが取れない…といった場合に、参考にしてみましょう。

OPPO Band Styleにストラップ2種類

OPPO Band Styleでウォーキングやランニングは、本体のスタートボタンを押せばすぐに開始。終了後は、かかった時間や消費カロリーといった情報がその場で確認可能です。

OPPO Band Styleには「スポーツタイプ」と「スタイルタイプ」という2種類のストラップが同梱されています。気分に合わせて付け替えられるというわけです。

連携するアプリ「Hey Tap Health」はところどころに中国語が表示されたり、ランニングルートが正しく表示されないことも…。これらは、今後のアップデートに期待したいところです。

OPPO Band Styleのサイズ/重さは17.6W×40.4H×11.95Dmm/約10.3g(本体のみ)。電池容量は100mAhで、使用時間は12日間となります。ディスプレイサイズは1.1インチで、防水機能は5ATMです。その他の機能は天気情報、アラーム、音楽再生など。実勢価格は4,480円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事