ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Xiaomiのスマホで千円札のマイクロ文字を接写

ガジェット好きが、コスパ最強としてスマホのサブ機として愛用しているのが、Xiaomiの「Redmi note 10 Pro」です。2021年春に発売された当時は、1億画素カメラが話題となりました。その正統後継機として「Redmi note 12 Pro」が2023年に発売される予定です。「10」と「12」の違いを見ていきましょう。


Xiaomiのスマホで千円札のマイクロ文字を接写

千円札のマイクロ文字を撮影できた

Xiaomiの「Redmi note 10 Pro」のスペックが最大限活きるのが、広角レンズを用いた108Mモード。12000×9000ドットで撮影され、映えにくいのっぺりした曇り空も鮮明に捉えられます。

さらには、千円札に描かれている微細なマイクロ文字「1000」を接写できました。ことマクロ撮影に関しては、他メーカーのハイエンド機にも引けを取らない性能です。

ちなみに、108Mモード使用時のファイルサイズは15MBほど。デフォルトではOFFになっており、ストレージを圧迫しないように設定されているのです。

そして、2023年2月28日にインドで発売される予定の「Redmi note 12 Pro」は、CPUは「10」と同じQualcommのSnapdragon7シリーズで、最大1億800万画素の4眼カメラも健在です。

Redmi note 10 Proから大幅アップ

価格は28,000ルピー(約50,000円)と高くなっていますが、ディスプレイの解像度が大幅にアップし、OctaCoreプロセッサの搭載により、複数のアプリで激しいプレイができるとしています。

目立ったスペックアップはないものの、Redmi note 10 Proの次の乗り換え先としてはアリでしょう。なお、Xiaomi公式サイトにはまだ画像は上がっていません。

リーク通りのスペックなら、「10」唯一の弱点である5G通信にも対応しているということ。これが5万円で手に入るなら検討の余地はあるでしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事