ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ガジェット好きが最強サブ機で愛用するスマホ

iPhoneとは違い、Androidユーザーはさまざまなメーカーのスマホを選ぶことができます。中でもガジェット好きが、最強のサブ機として愛用しているのが、中国の通信メーカーXiaomiの「Redmi note 10 Pro」です。コスパ最強機としていまだに君臨するRedmi note 10 Proの性能に迫っていきます。


ガジェット好きが最強サブ機で愛用するスマホ

XiaomiのRedmi note 10 Proが話題に

Xiaomiの「Redmi note 10 Pro」は2021年春に発売されたエントリークラスの機種ですが、日本国内メーカーの端末ならミドルクラス以上の機能を有したモデル。特に1億画素カメラが話題となりました。

その人気はいまだに続き、1年以上経った2022年10月現在の中古市場でも、発売時の価格と変わらない実勢価格35,000円が維持されているほどです。

Redmi note 10 Proは優秀な防塵・防水性能や高精度の指紋・顔認証システムを備え、加速センサー・ジャイロセンサー・電子コンパス・近接センサーを搭載しています。

XiaomiのRedmi note 10 Proコスパ最強

CPUはQualcommのSnapdragon7シリーズを採用しており、メモリは6GB、ストレージは128GBと文句のないスペックです。背面には4つのカメラを備えており、広角・望遠・接写までこなします。

カメラ機能をもう少し掘ると、レンズは広角からマクロまでこなす4眼体制で、メインの広角レンズは1/1.52インチ。1億8百万画素を誇り、これは高級コンデジに迫るレベル。フロントカメラの画素数は1,600万画素です。

ちなみに、後継機としてXiaomiから「11」がリリースされていますが、CPU性能はダウンしたのにもかかわらず、販売価格は50,000円台になっている始末。それゆえ、いまだにRedmi note 10 Proが「コスパ最強機」として君臨しているのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事