ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホの盗み見防止に覗いた人を撮影するアプリ

「パートナーが自分のスマホを勝手に見ているかも…」と心配になったら、「盗み見トラップ」で罠を仕掛けてみましょう。ホーム画面にLINEなどの偽アプリを配置し、それを起動しようとした人を撮影する仕組みです。アプリ標準のトラップアイコン作成機能は使えないため、ショートカットアプリで作成するのがコツのようです。


撮る?隠す?スマホ盗み見防止の無料アプリ2選

スマホ盗み見犯を特定する無料アプリ

「盗み見トラップ」は、ホーム画面に配置したLINEなどの偽アプリを起動しようとした人を撮影するスマホ盗み見犯を特定する無料アプリです。対応OSはiOSとなっています。

利用するのはiPhoneのショートカットアプリ。ショートカットアプリを起動し、新規ショートカットを作成。ここではニセモノのLINEアプリを作ります。

ショートカットのアクションは「盗み見トラップ」を開くように設定。トラップにしたいアプリのアイコンを用意し、ショートカットに設定します。作成したトラップアイコンをホーム画面に配置すれば準備は完了です。

スマホ盗み見に自然な動きで対応する

トラップアイコンに触れるとパスコードの入力画面が開く仕組みになっています。入力すると「盗み見トラップ」のアプリが起動して写真を撮影。撮影した写真は、写真一覧から確認できます。

一方、スマホ盗み見を防ぐアプリが「ハイドスクリーン」。スマホの画面を自然な動きで素早く隠せる無料アプリです。スマホ本体を軽く振るとセンサーが感知。画面が真っ暗になるので、会社や自宅でスマホを覗き込まれた時もサッと隠せます。

アプリの設定で、回転速度センサーや近接センサーの感度を調整可能。軽くスマホを振るだけで画面が真っ暗になるので、瞬時にスマホ盗み見に対応できるでしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事