ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホ写真はクラウド利用でストレージ圧迫回避

日々溜まっていくスマホの写真。ストレージを圧迫し、スマホの動作が不安定になる原因になります。また、他人に見られたくないプレイベートな写真や、メモ代わりに撮影した個人情報満載の身分証などもあるでしょう。仮に流出してからでは手遅れです。日頃から備えておける写真管理テクニックを紹介します。


スマホ写真はクラウド利用でストレージ圧迫回避

スマホ写真をクラウドに移して負担減

手軽に撮れる上、スマホカメラはどんどん高画質化。気づけば数GB単位で溜まっていきます。また、写真にはExif情報が記録されていることがあり、撮影場所などが外部に漏れる恐れがあるのです。

写真の保存先はiPhoneは内部ストレージ、AndroidはmicroSDカードが一般的。これを外部のクラウドサーバに移せば、この負担を軽減できます。「Googleフォト」はAndroid標準のサービスですが、iPhoneユーザーでも使えます。

Googleフォトは異なるカメラアプリで撮った写真も、クラウド内で一括管理が可能。被写体や場所などで、カテゴリー分けしてくれる機能もあります。

Googleフォトは無料プランの場合でも、GoogleドライブやGmailとの合算で15GBまで保存可能。ちなみに、iOSのiCloudは無料プランの場合、5GBが上限です。

スマホ写真をクラウドに無制限保存

「みてね」は、容量無制限で利用できるクラウドサービス。家族間での写真共有が目的のアプリですが、もちろん1人での使用も可能です。月額480円を払わないとアップロード間隔などに制限が付くものの、それさえ我慢すれば完全無料で使えます。

みてねは写真&動画を容量無制限で保存できるのが魅力。ただし、アップロード時に圧縮処理が施され、画質がわずかに劣化するようです。

さらには、Amazonプライム会員には、写真を無劣化で無制限に保存できるクラウドサービス「Amazon Photos」の特典があります。なお、動画は5GBまでとなっています。(文/中谷仁)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事