ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

22種類ある「Adobeアプリ」いくつ知っている?

クリエイター向けのソフトで有名な「Adobe」は、スマホアプリもリリースしています。PC用ソフトに比べると機能は簡略化されていますが、Adobeの技術を手軽に使えるとあってどれも高評価。定番の「Photoshop Express」や「Lightroom」のほかにもいろいろあって、その数22種類。無料で使えるものが多いので試してみましょう。


22種類ある「Adobeアプリ」いくつ知っている?

AdobeアプリはiOS版の方が種類が多い

Adobeでは画像編集やデザインのほか、ビジネスで使えるアプリもラインアップ。App StoreとGoogle Playから入手でき、iOS版の方が種類が多く揃っています。

Adobeの主な提供アプリを見ていきましょう。写真/ビデオに関して、「Adobe Premiere Rush」は動画を撮影・編集して共有できるアプリ。「Photoshop Express」は定番画像加工ソフト「Photoshop」の無料アプリ版です。

このほか、写真関連で「Photoshop Camera」は自動補正機能が強力なカメラアプリ。「Lightroom」は、写真や動画を補正して美しく仕上げられるアプリです。

Adobeアプリにクリエイター向けSNS

デザインに関しては、「Adobe Fresco」がデッサン・絵画用のペイントアプリ。「Adobe XD」はデザインのプロトタイプを簡単に作成できます。

「Adobe Express」はテンプレでフライヤーやロゴをすばやく作れるアプリ。「Adobe Capture」はカメラで撮影したものをデザイン素材化できるアプリです。「Behance」は、世界中のクリエイターとつながるSNSです。

ビジネスに関して、「Adobe Connect New Web」は会議システム。ホワイトボードや画像・PDF・オーディオの共有が可能です。「Adobe MAX 2022」は、クリエイター向けイベントのための専用アプリです。

「Adobe Scan」はOCR機能が付いたスキャナーアプリ。「Adobe Captivate Prime」は、eラーニングコンテンツが作れる学習管理ソフトのアプリ版になります。


AdobeアプリでWebページを作成できる

「Adobe Fill & Sign」は、PDFのフォームに手書きの署名ができます。「Adobe Sign」は文書やフォームの電子署名をサポート。「Adobe Acrobat Reader」はPDFの管理から表示までできるリーダーアプリです。

ユーティリティに関して、「Adobe Account Access」はAdobeアカウントへのサインインを簡略化できるアプリ。「Adobe Aero」はAR(拡張現実)を作って楽しめます。

「Adobe Spark Page」は、簡単にセンスの良いWebページを作成できるアプリ。「Adobe Spark Video」はプロ仕様のビデオを数分で作れます。

「Adobe Creative Cloud」はAdobeアプリやファイルをまとめて管理可能。「Adobe Analyticsダッシュボード」は、業績をスコアリングしてダッシュボード表示します。(文/中谷仁)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事