ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

書類を撮影してテキスト化「Adobe Scan」使い方

「Adobe Scan」は、紙の書類やホワイトボードをスマホのカメラで撮影してPDF化するスキャナーアプリ。かさばる紙をデジタル化して整理できます。OCR機能も備えており、文字をテキスト化することも可能です。認識精度は高く実用レベルといえます。ただ、手書き文字には対応していません。


書類を撮影してテキスト化「Adobe Scan」使い方

Adobe Scanは写した書類をテキスト化

「Adobe Scan」の使い方は、アプリを起動してPDF化したい書類を写すと、自動で対象を認識して取り込んでくれる仕組み。撮影が終わったら「PDFを保存」から保存します。

取り込んだPDFを開いて「テキストアクション」をタップ。PDF内の文字を認識してコピーできるので、メモやメールに貼り付けてそのまま使えるのです。

アプリ「Adobe Acrobat Reader」はPCではド定番のPDFリーダーのスマホ版。PC版ほど機能は多くありませんが、メモや注釈を加えたり、複数のPDFを結合してまとめたりといった簡単な編集機能を備えています。

Adobeアプリで電子サインを依頼する

アプリでPDFにメモや注釈を入れるには、PDFを開くと表示される右下の鉛筆ボタンをタップします。PDFの該当箇所にメモや注釈を書き込んで保存。黄色のアイコンをタップすると、コメントを閲覧できます。

アプリで複数のPDFを1つにまとめることも可能。PDF一覧で「…」からメニューを開き、「ファイルを結合」を選びます。結合したいPDFを選んで「結合」をタップすると、複数のPDFを1つのファイルにまとめられるのです。

このほか、アプリを使ってPDFを他のユーザーと共有して電子サインを依頼するなんて使い方も可能。今こそ使い時のアプリといえるでしょう。(文/中谷仁)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事