ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhone「ファイル」アプリでメールをPDF化する

iOSのバージョンアップとともに着実に進化しているiPhoneの標準アプリ。サードパーティ製アプリではマネできない、Apple謹製だからこその機能が搭載されています。中でも、iPhoneの「ファイル」アプリは使い方がわからずに、使ったことがないという人も多いはず。iPhone内の写真やメールなどを一括管理するファイルアプリの使い方を紹介します。


iPhoneファイルアプリでメールをPDF化する方法

iPhoneのファイルアプリに保存する

iPhoneの「ファイル」は標準アプリで、写真をJPEG形式で保存することが可能です。iPhoneのファイルアプリの使い方はまず、写真アプリで好みの写真を選択。iPhoneのファイルアプリの共有メニューを開いて「ファイルに保存」を選択するのです。

するとmiPhoneのファイルアプリで保存先を選ぶ画面が表示されるので、端末内かiCloud Driveなどのクラウドを指定します。iPhoneのファイルアプリで保存先を開くと、写真を確認できるはずです。

iPhoneのファイルアプリを使うと、メールをPDF形式で保存することが可能です。iPhoneのファイルアプリによるPDF化はメールの返信メニューから「プリント」を選び、プレビューをピンチアウトするのです。

iPhoneのファイルアプリでPDFを確認

すると、プレビューが拡大表示されるので、右上の共有ボタンをタップして「ファイルに保存」を選択します。これでファイルアプリで開くと、PDF形式でメールの内容が確認可能です。

また、OneDriveやGoogle DriveなどのクラウドアプリがiPhoneにインストールしてあれば、ファイルアプリからアクセスして利用できるようになります。

iPhoneのファイルアプリからクラウドを利用方法は、まず「ブラウズ」のメニューで「編集」を開きます。利用したいストレージを有効にすればアクセス可能になるのです。Google Drive、OneDrive、CreariveCloudなどが、ファイルの保存先として選べるようになります。(文/中谷仁)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事