ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhone

iPhone標準の計算機を「式が見える電卓」にする

iPhoneには標準アプリとして「カメラ」や「計算機」があらかじめ用意されているため、そのまま使っている人がほとんどでしょう。しかし、標準アプリよりも優秀なiPhoneアプリは無数に存在してい[…続きを読む]

iPhoneを通話録音して証拠に残すためのアイテム

お店や企業にクレーマーからの電話が入ると、後日「言った・言わない」の水掛け論になりがち。そこでクレーマー対策には通話の録音が必須です。クレーマーと話す時は、相手が言った脅迫や強要に該当するNG[…続きを読む]

iPhoneはフリック入力のみで文字種の切替が簡単

iPhoneユーザーの多くが、キーボードでフリック入力を使っているでしょう。フリック入力は、キーをタップしてスライドして別な文字を表示。数字にもフリック入力が割り当てられていて、フリック操作で[…続きを読む]

iPhoneで「捨てアド」を無限に作成する裏ワザ

試しに使ってみたいWebサービスがメールアドレス登録必須の場合、ふだん使いの本メアドの入力は避けたいところです。そこで重宝されているのが捨てアド作成サービス。とはいえ、新規にメアドを作成するた[…続きを読む]

iPhoneの正規プロバイダによる修理のメリデメ

いまや高級品となったiPhoneは、そう簡単に買い替えできません。とはいえ1年、2年と使っていけば当然バッテリーは劣化するし、液晶画面が割れてしまうことも…。そんなiPhoneの修理で、もっと[…続きを読む]

iPhone修理が安い非正規修理業者3タイプとは?

最新iPhoneは最安モデルでも12万円を超える高級品。iPhoneは2年程度で最新機種に買い替えるのが、割と定番のスタイルでした。しかし、高額化が進んだ結果、気軽に機種変更できないのが現状で[…続きを読む]



iPhone修理をApple Storeに頼むのは損か得か?

いまやiPhoneは高級品。2023年発売のiPhone15シリーズは最安モデルでも12万円を超えます。これまでの2年程度で最新機種に買い替え…というサイクルでは、お金がかかりすぎです。今後、[…続きを読む]

iPhoneロック中に操作される危険を防止する設定

iPhoneには顔認証が導入されていることもあり、ロック中は誰も操作ができないと思い込んでいる人も多いでしょう。しかし、iPhoneにはロック中でも勝手に操作される危険性があるのです。iPho[…続きを読む]

アメリカで始まったiPhoneセルフ修理プログラム

2008年に発売されたiPhone3Gは23,000円でしたが、世代が変わる度に性能だけでなく価格も上がり、2023年発売のiPhone15シリーズは最安モデルでも12万円を超える高級品となっ[…続きを読む]

iPhoneの写真は完全削除しないと見られる危険性

iPhoneの「写真」に人に見られたくないカットがあるなら、ゴミ箱を押して「写真を削除」するだけでは危険。30日以内に削除した写真は「最近削除した項目」を見れば閲覧することが可能だからです。i[…続きを読む]


オススメ記事

逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]