ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhone標準メールアプリで誤送信を取り消す方法

Gmailアプリをメインに使っている人も多いでしょうが、最新のiOS16へアップデートするのに合わせ、標準メールアプリを見直してもよいかもしれません。Gmailはもちろん、会社メール、キャリアメールなども、iPhoneの標準メールアプリだけで送受信可能で、アカウントごとに署名を設定しておけます。


iPhone標準メールアプリで誤送信を取り消す方法

iPhone標準メールアプリで送信取消

今回のiOS16へのアップデートで、iPhoneの標準メールアプリに送信の取り消しや予約送信など、実用的な機能がまとめて追加されました。

また、リマインダー登録したり、一度読んだメールを未読状態に戻すなんてことも可能なので、大事な要件の確認にも役立ちます。

さっそく、iPhone標準メールアプリで誤送信したメッセージを取り消す方法を見ていきましょう。メール送信後に「ミスった…!」と思ったら、メールボックスの画面下部に表示されている「送信を取り消す」をタップ。すると、送信を取り消してメールが下書きに保存され、再編集できるようになるのです。

iPhone標準メールアプリで送信予約

なお、設定で送信を取り消せるまでの猶予時間を変更できます。「設定」→「メール」と進み、「送信を取り消すまでの時間」をタップ。デフォルトでは10秒となっていますが、20秒と30秒も選べます。30秒にしておくのが安心でしょう。

続いて、iPhone標準メールアプリで、送信予約して指定の時間にメールを送る方法を見ていきます。メールを記入し終えたら、青い矢印の送信ボタンを長押し。するとメニューが表示され、今すぐ送るかどうかを選べるようになるのです。

ここで「あとで送信」を選ぶと、カレンダーから送信日を指定できるようになります。また、時刻も1分単位で選択可能。上司に注意される深夜残業や、日中のサボりをごまかせるかもしれません。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事