ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

鼻づまりの原因は鼻水をかんでも解消しないワケ

鼻づまりの原因が鼻水と思っている人は多いはず。しかし、いくら鼻水をかんでも鼻づまりの原因は解消されません。一般的に鼻づまりの原因は、鼻腔の粘膜の炎症。いわゆる鼻炎によるものです。鼻水をかむのではなく、鼻腔の粘膜の腫れを抑えなければ、鼻づまりの原因は解消しないのでした。


スポンサーリンク
鼻づまりの原因は鼻水をかんでも解消しないワケ

鼻づまりの原因は大きく2つある

鼻づまりとはおもに鼻の粘膜が炎症によって腫れてしまい、空気の通りが狭くなった症状のこと。そもそも鼻づまりとは鼻水がつまることではなく、鼻の粘膜の腫れによって通りが悪くなることなのです。

内視鏡画像で鼻づまりの鼻の中を確認してみると、通常時と比べて粘膜が腫れて、穴をふさいで狭くなっている様子がよくわかります。そして、鼻づまりの原因は大きく2つあるのです。

1つは、鼻腔の粘膜の炎症。いわゆる鼻炎と呼ばれる状態になります。もう1つが、鼻腔に隣接する副鼻腔で炎症がおこる場合。副鼻腔とは顔面の骨の中にある空洞のことになります。これが慢性副鼻腔炎と呼ばれる状態です。

鼻づまりの原因解消は腫れを抑える

鼻の奥には、空気の通り道である鼻腔と副鼻腔があります。鼻腔の粘膜に炎症がおこるのが鼻炎。鼻水やくしゃみなどが鼻炎の症状です。副鼻腔炎はひどくなると膿が溜まって神経を圧迫。頭痛や顔面痛などの症状が出ます。

このうち、鼻づまりの原因となるのは一般的に鼻炎と呼ばれる状態です。そして、鼻づまりの原因を解消するためには、鼻水をかむのではなく鼻腔の粘膜の腫れを抑えなければなりません。

鼻づまり解消には、つまっている鼻とは反対側の脇の下にコブシを入れるという方法が知られています。これは鼻腔の粘膜の腫れを自律神経を刺激することで抑えるというもの。鼻づまりの状態を一時的に解消することができるといわれています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。