ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows標準「付箋」でフリーソフトはもう不要

かつてのWindows標準ソフトは、OSのオマケのような存在で、優秀なフリーソフトが重視されていました。しかし、それは今や時代遅れの認識でしょう。有料ソフト顔負けのソフトがWindows標準ソフトに揃っているのです。注目は、フリーソフトとしてインストールしていた人も多かった「付箋」がWindows標準ソフトになっていることです。


Windows標準になった「付箋」は画像もメモ可能

Windows標準の付箋は全7色から選べる

Windows標準ソフトの「付箋」は、デスクトップ上にメモを貼り付けられるソフトです。貼り付ける位置・サイズ・色は、自由に変更できるのでマイルールで活用しましょう。

付箋上部の「…」をクリックすると色を選べる仕様です。全7色用意されているので、仕事の優先度などで使い分けましょう。

さらに、付箋に画像をメモすることも可能です。やり方は、付箋下部の画像アイコンをクリック。画像ファイルを選択すれば、付箋内に画像を貼り付けられます。

OneNoteはWordよりも自由度が高い

Windows標準「OneNote」は、テキスト・画像・手書きメモなどあらゆる情報を記録できるデジタルノートです。同じくWindows標準の「メモ帳」では記録しきれない情報を、まとめて管理できます。

無料で使えますが、定番のワープロソフト「Word」よりも自由度が高いのが特徴。画像や表はもちろん、音声や動画ファイルの貼り付けも可能です。また、OneDriveを介してリアルタイムで共有できます。

OneNoteはWebページを丸ごと保存可能。Edgeで保存したいページを開いて、共有機能でOneNoteを選ぶだけです。「描画」機能でペンの種類を選ぶと、手書きメモを書き込めます。タッチペンが使えるノートPCで、より力が発揮されるでしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事