ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

いわて銀河プラザで70年の歴史を持つ銘菓を買う

地下鉄・東銀座駅を降りてすぐ、歌舞伎座の目の前に位置するのが岩手県の物産館「いわて銀河プラザ」です。広々とした店内に、三陸の海産物や農産物、銘菓などが約1800品も取り揃えてあります。いわて銀河プラザで買える70年の歴史を持つ銘菓など、地元の名物を紹介しましょう。


いわて銀河プラザで70年の歴史を持つ銘菓を買う

いわて銀河プラザでソフトクリーム

「いわて銀河プラザ」は平日でも人の入りが多く、店内は活気にあふれています。入ってすぐの右手には観光コーナーがあり、買い物だけではなく、パンフレットを手に取る人の姿もちらほら見かけます。

奥のイートインスペースでは、小岩井農場の牛乳やソフトクリーム、カフェラテを楽しむことが可能。東京に居ながらにして、小岩井農場のしぼりたてソフトクリームを堪能できるのです。

また、期間限定で岩手の企業が出張販売に訪れることがあり、2021年11月は大船渡市のお寿司屋さんが海鮮弁当を販売していました。三陸産のアワビがふんだんに使われた海鮮丼は、都内ではなかなかお目にかかれません。

いわて銀河プラザで「かもめの玉子」

いわて銀河プラザで買える地元の名物を見ていきましょう。宏八屋の「いちご煮 425g」(1,350円)は、ウニやアワビが詰まった缶詰。温めてそのまま食べてもよし、炊き込みご飯のタネにするのもよしの逸品です。

さいとう製菓の「かもめの玉子ミニ 6個」(583円)は、岩手の銘菓といえばコレという一品。約70年の歴史があり、ホワイトチョコに包まれた黄身餡が絶品のお菓子です。

中原商店の「ぴょんぴょん舎冷麺 2食」(972円)は、盛岡市で30年以上にわたって愛される味をパック詰め。盛岡冷麺を再現するなら、具に牛肉とスイカを用意しましょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事