ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

山形のお土産「ミルクケーキ」は保存食にもなる

コロナ禍で帰省や旅行を自粛して早2年。高い送料を払ってお取り寄せでしのいできましたが、そろそろ心も舌も限界でしょう。そこで、都心にある日本各地の味を満喫できる「アンテナショップ」に注目。山形県のアンテナショップ「おいしい山形プラザ」で買える山形を代表するお土産・ミルクケーキは保存食にもなるスグレモノです。


山形のお土産「ミルクケーキ」は保存食にもなる

おいしい山形プラザでお得に地元食材

「おいしい山形プラザ」は、東京駅と銀座一丁目駅の間に位置します。店先には山形産の野菜が多く並んでいるため、近くを歩いていると八百屋さんかなと思うほどです。

店内に足を踏み入れると、スーパーのように値引きされているアイテムもあり、時間帯によってはかなりお得に地元食材をゲットできそうです。

ひと際目を引いたのが量り売り。乾燥トマトやそばの実など、地元人にはなじみ深いラインアップで、10gから購入可能。県外の人がお試しするのにもちょうどよく、ここで足を止める人が多いようです。

おいしい山形プラザでミルクケーキ

おいしい山形プラザで買える地元の名物を見ていきましょう。日本整乳の「おしどりミルクケーキ 9本」(216円)は、サクッ…ミキッ…と独特な硬い食感の乾燥ミルク。タンパク質やカルシウムが豊富な上、日持ちするので防災用の保存食としても優れています。

都内スーパーで手に入る芋煮セットは味噌味ばかり。後藤屋の「米沢牛入りいも煮 2食」(1,296円)は、山形流のしょうゆ×牛肉の組み合わせ。ぜひ試していただきたい味です。

平野屋の「味付き玉こん 250g」(324円)は、山形県民のソウルフード。創業130年以上の平野屋製が一番人気で、ショップの売上ランキングでも常に上位です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事