ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

テレビの配線で同軸ケーブルから解放される方法

マンションに住む場合、テレビ受信用のアンテナ端子が特定の部屋にだけあり、ほかの部屋までは同軸ケーブルを室内に配線する必要があることも少なくありません。また、戸建て住宅に住む人であれば、最初から屋外にアンテナ自体を設置したくないという人もいるでしょう。テレビの配線で同軸ケーブルから解放される方法を見ていきます。


テレビの配線で同軸ケーブルから解放される方法

テレビ配線で同軸ケーブルの取り回し

マンション・戸建て住宅いずれにおいても、テレビ番組を視聴するには通常、テレビ本体まで同軸ケーブルを使い放送電波を引き込む必要があります。とはいえ、同軸ケーブルは一般的な電線より太く、室内配線の取り回しに苦労することもしばしばです。

同軸ケーブルの室内配線を省く方法としては、DLNA対応のレコーダー1台を設置したうえ、Wi-Fi経由で視聴するという方法が考えられます。このようにすれば、室内のアンテナ端子とレコーダーまでは同軸ケーブルを取り回す必要があるものの、それ以外のテレビなどへの配線は不要です。

この方法を利用する場合、テレビ側にWi-Fi視聴用のアプリが必要です。ソニー製の最新モデルなど、標準でWi-Fi視聴に対応しているものもありますが、標準アプリがない場合はデジオンの「Dixim Play u」などのテレビ視聴アプリを追加します。また、アプリ機能がないテレビであれば、Fire Stick TVを追加すればOKです。

テレビ同軸ケーブル不要のひかりTV

また、最初から受信用アンテナ自体を自宅に設置せず、CATVのように同軸ケーブルの取り回し自体も面倒…ということであれば、光回線でテレビを視聴する「ひかりTV」に加入するという方法もあります。ひかりTVは、NTT東日本・西日本と同じくNTT系列であるぷららが共同で行うテレビ配信サービスです。

TVerやNTTプラスなどと異なり、ひかりTVはテレビ番組の配信にインターネットと独立した「NGN」と呼ばれるネットワークを利用します。そのため、ネット配信で起きがちな配信の遅延も少なく、快適にテレビ番組を視聴できます。さらに、別途バック契約を追加することで、CS放送の一部チャンネルも視聴できるようになります。

ただし、ひかりTVを利用する際は、CATVと同様にセットトップボックス(STB)の設置が必要です。また、STBの種類により同時視聴チャンネル数に制限があり、現在公式サイトで販売されているSTBでは最大3チャンネルとなっています。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事