ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

中華ゲーム機「Super Console X」シリーズとは?

それまで携帯機が主流だった中華パチモノゲーム機シーンに、据え置き型という新たなジャンルを生み出し大ヒットとなった「Super Console X」シリーズ。2020年末の発売から、現在に至るまで次々と新モデルを投入し、据え置き型では既に一定の地位を確立しています。「Super Console X」シリーズを詳しく見ていきましょう。


中華ゲーム機「Super Console X」シリーズとは?

Super Console Xは新ハードもカバー

「Super Console X」シリーズの据え置き型は、携帯機に比べてバッテリーや排熱などの制約が少なく高性能なSoCを搭載できるため、多くのゲームハードに対応することが可能。また、ゲームを大画面で楽しめるというメリットもあります。

対応するのは、ファミコン・PCエンジン・メガドライブといった定番のレトロゲームから、プレステ・ドリームキャスト・ニンテンドーDSといった比較的新しいハードまでカバー。さらに、X68000やZX Spectrumといったレアモノなどにも対応しています。

モデルによって遊べるゲーム機は異なりますが、初期型でも50機種以上、「X MAX」以降のシリーズはセガサターンを含む60機種以上のゲームをプレイ可能です。

Super Console Xはメーカーが不明

「Super Console X」シリーズは特定のハードはあるものの、メーカーは不明。販売業者によってパッドやリモコンが異なるほか、勝手に名前をパクっている偽物もあり、シリーズの全容は把握できていません。

今のところ「EmuELEC」というエミュレーター専用のOSを搭載したハードを「Super Console X」と呼んでいるようです。全貌を掴むのは不可能かもしれません。

そんな「Super Console X」シリーズの2022年発売の最新モデルが「Super Console X3 Plus」です。実勢価格14,000円~となっています。スペックは「MAX」と変わりませんが、EmuELEC4.5に加え、Coreelecという動画専用OSが搭載されています。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事