ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

歴代「Super Console X」シリーズの違いを検証

「Super Console X」シリーズは、中華パチモノゲーム機に据え置き型という新たなジャンルを生み出し大ヒットしました。ただし、「Super Console X」シリーズのメーカーは不明。勝手に名前をパクっている偽物もあり、全容は把握できていません。そんな「Super Console X」シリーズの歴代機種を見ていきます。


歴代「Super Console X」シリーズの違いを検証

Super Console X初代モデルは2020年

2020年12月発売の初代モデルが「Super Console X」です。SoCはS905Mを搭載し、50種類以上のゲームに対応。初号機だけに、動作が重いゲームもありました。実勢価格は7,400円~となります。

2021年1月に登場した「X」の上位版が「Super Console X Pro」です。SoCがS905Xにパワーアップし、重たいゲームもヌルヌル動くようになりました。このモデルからAndroid TVも搭載。実勢価格は9,000円~となります。

2021年5月に登場した「Super Console」の名前が付いたゲーミングPCが「Super Console X PC Box」です。PS2、PS3、Wii U対応と、PCベースなだけに遊べるゲームが多く、Windowsも起動します。実勢価格は23,400円です。

Super Console Xフルモデルチェンジ

「X」がフルモデルチェンジした高機能版が「Supre Console X MAX」です。SoCはS905X3にパワーアップし、エミュレーションが難しいセガサターンに初めて対応。Android TV 9.0となり機能が向上しました。実勢価格は12,300円~です。

2022年発売の「Supre Console X Pro MAX」は、「Pro」の亜種。「MAX」よりグレードは下がりますが、冷却ファン搭載で本家「Pro」よりもエアフローが向上しました。実勢価格は8,100円です。

2022年発売の「Supre Console X2」は、SoCがS905X2と「MAX」よりも下のモデルですが、セガサターンに対応。機能的には「MAX」と同じで、廉価版と思われます。実勢価格18,400円~です。

2022年発売の「Supre Console X MAX Plus」は「MAX」亜種。冷却ファンを搭載し、エミュレーターの安定性が向上しています。基本的な仕様は「MAX」と同じ。実勢価格は13,700円~となります。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事