ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

HDMI裏レコーダー最新モデルはどこが進化した?

護身グッズ、スパイグッズ、映像系ツールなどを取り揃えて、東京・秋葉原の裏通りに店を構える「アキバガレージ」。看板商品ともいえるHDMI裏レコーダーの「アキバコンピューター」ほか、オリジナルブランドの「アキバカム」シリーズも人気が高く、中でもモバイルバッテリー型カメラはよく売れています。


HDMI裏レコーダー最新モデルはどこが進化した?

アキバコンピューターに裏コマンド

そんなアキバガレージは現在、サーマルスコープに力を入れていて、玄人御用達の某メーカーから仕入れている真っ最中だとか。サーマルスコープを探している人は一度、アキバガレージを訪ねるとよいでしょう。実際に触って使用感を確認できます。

アキバガレージではアナログ時代から、映像編集機器の販売と開発に力を入れてきました。「アキバコンピューター」はHDMI入力対応のレコーダーで、裏コマンドを入力することでHDCPを回避できるようになります。

アキバガレージの売れ筋「アキバコンピューター4X-2(ABC-4X-2)」は、セレクター付きで4台のHDMI機器を切り替え可能なのが魅力でしょう。実勢価格は39,600円です。

アキバコンピューターがリニューアル

なお、アキバコンピューターは2022年5月に「4X-2」として、耐熱性能を向上させてリニューアル。基板上に設置していたヒートシンクをファンに変更したことで、耐熱性能が向上しました。

アキバガレージの売れ筋「モバイルバッテリー型カメラ ABC-2:1」は、5,000mAhのバッテリーを搭載しているため、最大20時間の長時間撮影が可能という実用性の高いモデルです。

暗所では赤外線LEDが自動でオンになります。スマホと一緒にテーブルの上に並べれば、カフェやバーでの調査も捗るでしょう。実勢価格は14,800円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事