ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

首掛けタイプも登場「使い捨てカイロ」最新図鑑

火を使わずに誰でも安全に使用できる携帯用の「使い捨てカイロ」。1978年にロッテから「ホカロン」が発売され、翌年にはマイコールから貼るタイプのカイロが登場。以来、冬場のマストアイテムとなっていますが、近年、個性豊かに進化して形状など、さまざまな特徴を持った使い捨てカイロが登場しています。


首掛けタイプも登場「使い捨てカイロ」最新図鑑

使い捨てカイロに快速バージョン登場

使い捨てカイロの代名詞ともいえる「ホカロン」は、1秒でも早く暖まりたいという要望に応える、快速バージョン「貼る 快速ホカロン」を発売しました。

見た目は通常のホカロンと変わりませんが、温かくなるまでの時間がとにかく早いとか。開封後、3分弱でじんわりと温かさを感じました。レギュラー品よりも4分早く温まるため、真冬の即戦力として活躍してくれます。

極寒の環境下では普通のカイロだと生ぬるく感じてしまいますが、「めっちゃ熱いカイロ マグマ」は最高温度が7度、平均温度が61度。通常使用では熱過ぎるくらいなので、雪山や風が吹きつける釣り場でこそ真価を発揮するでしょう。

使い捨てカイロが紐上に進化で首掛け

通常のカイロが熱過ぎると感じるなら、「じんわり温かいお腹用カイロ」。平均温度は熱めの温泉と同等程度の47度で、じんわりとお腹を温めてくれます。持続時間が14時間と長めなのもポイントです。

太い血管が通っていることから、首を温めると全身が温まるといわれます。そこで「温めぐり かけぽか」は、長さ50cmの紐状に進化。タオルのように首に引っ掛けると、いつの間にか両手がポカポカになります。

重い、固い、フィットしないという欠点を解消したのが「はるオンパックス Airy」。薄くペラペラですが、きちんと温かくなる上、発熱後も固くならないので装着感は上々。温度は低めなので秋や春先に最適です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事