ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

日本語のAIイラストサービスを無料で使ってみる

AIイラストサービスの進歩は目覚ましく、たとえ今は不自然さがあっても数か月後には改善されるようです。どれほどの実力か、主要な3つのAIイラストサービスを試してみましょう。AIイラストサービスでも「Midjourney」は、高いクオリティが評判。利用にはDiscordのアカウントが必要になるものの、25枚までなら無料で使えます。


日本語のAIイラストサービスを無料で使ってみる


AIイラストサービスはLINEで登録する

海外サイトのAIイラストサービスを利用するのはハードルが高い…という人には、まずは「Stable Diffusion」を有志が日本人用に改良した「お絵描きばりぐっとくん」がおすすめです。

また、写真をアップロードするだけでイラスト風に変換する「Meitu」なども存在します。これらは日本語で、かつ基本的にはタダで利用できるので、お試し感覚で最新AIイラストサービスのチカラに触れてみるにはもってこいでしょう。

「お絵描きばりぐっとくん」の利用はLINEで友だち登録し、トーク画面でキーワードを入力するだけでOK。無料プランの場合、1日の生成枚数は約5枚です。


AIイラストサービスをアプリで試す

お絵描きばりぐっとくんで日本語で「泥棒を捕まえる消防士」と入力してみると、やや無茶ブリ感があったものの、それっぽいイラストができ上がりました。LINEなので動作も軽く、日本語入力なので手軽です。

「Meitu」はスマホ用の画像加工アプリ。メニュー内の「AI イラスト」に写真をアップすると、自動でイラスト化を行います。利用は無料ですが、数枚変換するとポップアップ広告が流れる仕組みです。

MeituのAIイラストの絵柄は、中韓ソシャゲ風なタッチ。基本的には“美化”されるので、SNSアイコン用などに活用できそうです。背景がしっかり描かれているのもポイントでしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • AIのべりすとは小説を完成させるためのツール
    AIのべりすとの使い方は小説を完成させるための補助ツール
  • いま「AIサービス」が続々登場している理由とは
    いま「AIサービス」が続々登場している理由とは
  • 高クオリティが評判のAIイラストサービス利用法
    高クオリティが評判のAIイラストサービス利用法
  • 画像生成AIの代表格の無料サービスを使ってみた
    画像生成AIの代表格の無料サービスを使ってみた

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]




    目次