ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Avidemuxの使い方をマスターしてCMをカット!

デジタル化した映像を編集するには「Avidemux」がオススメです。Avidemuxは無料ながらたくさんのフィルターが用意されており、アナログ特有の映像の乱れや明るさなどを補正可能。また、カット編集にも対応しているため、CMなど不要なシーンを取り除くといった処理も可能です。


Avidemuxの使い方をマスターしてCMをカット!

Avidemuxの使い方をマスターする

AvidemuxはAVIやMPG、MP4など主要な形式にはすべて対応する動画編集ソフト。動画の編集はこれ1本あれば十分です。専用サイトからダウンロードできます。

そこで、Avidemuxの使い方をマスターして、番組の本編前後にあるCMなど視聴の邪魔になるシーンをカット機能で簡単に取り除いてしまいましょう。カットは不要なシーンの開始部分と終了部分をシークバーで指定し「Delete」キーを押すだけでし。

これで指定した部分が取り除かれているので、出力形式を選択。あとは保存先を指定すれば、不要なシーンがカットされた動画ファイルが保存されます。

AvidemuxでCMをカットする使い方

CMをカットするAvidemuxの使い方を詳しく見ていきましょう。まずはソフトを起動したら、ツールバー左端にあるボタンをクリックして動画ファイルを開きます。

シークバーを移動して不要なシーンの最初まで移動したら「A」ボタンをクリック。続いて不要なシーンの最後まで移動して「B」ボタンをクリックし、キーボードの「Delte」キーを押します。

選択したシーンがカットされているのを確認して、「Output Format」を元の動画の拡張子と同じものにします。今回はMP4形式の動画を開いたので「MP4Muxer」を選びました。

ツールバーの保存ボタンをクリックして動画の保存先を指定。動画が保存されたら、再生して不要なシーンがカットされているのを確認しましょう。


Avidemuxのフィルターの使い方

デジタル化した古い映像はノイズが乗っていたり、輪郭がにじんで見えにくかったりするもの。そんなときはAvidemuxに搭載されているフィルターを使えば簡単に補正が可能。専用サイトからダウンロードできます。

さっそく、デジタル化した古い映像を高画質化するAvidemuxの使い方を見ていきましょう。まずは出力形式を選択。補正したい動画を読み込んだら「Video Output」を「Mpeg4 AVC(x264)」にして「Filters」をクリックします。

次は明るさ・コントラストの調整。「Colors」内にある「Adjust contrast~」を選択すると、明るさやコントラストを調整できるフィルターが開きます。スライダーを移動して好みの設定にしてください。

ノイズを取り除くAvidemuxの使い方

映像をシャープにするAvidemuxの使い方は「Sharpness」内の「Asharp」を選択。ぼやけた映像をクッキリとシャープに表示してくれるフィルターが起動するので、数値を変更して効果の度合いを調整します。

ノイズを取り除くAvidemuxの使い方なら「Noise」内の「Mplayer Denoise3D」をセレクト。ノイズを取り除くフィルターを有効にします。これも効果の度合いを調整できますが、標準設定のままで問題ありません。

出力形式を指定して保存すれば作業は終了です。「Output Format」を「MP4Muxer 」にしてツールバーの保存ボタンをクリックして保存先を指定すると、動画の変換が始まります。変換が完了したら動画を再生して、処理した映像全体のバランスを確認しましょう。

■「Avidemuxの使い方」おすすめ記事
Avidemuxの使い方!古い映像を高画質化する

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事