ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETCカードを家族で使い回さず複数発行する方法

電車・バスが数多く走る都会と違い、郊外では1人1台クルマを持つ家族も珍しくありません。そうした場合、ETCカードを家族間で使い回しているというパターンも多いのではないでしょうか。確かに、通行料金をまとめるという点では便利ですが、こうしたケースでは家族カードを利用してETCカードを複数枚作るのが正しい使い方です。


ETCカードを家族で使い回さず複数発行する方法

家族カードごとにETCカードを作る

クレジットカードのサービスである「家族カード」は、同居する家族が専業主婦や学生のように無収入、あるいは収入が少ない場合に作れるものです。そして、家族カード利用分のクレジット決済は、メインのカードが利用する銀行口座でまとめて行う仕組みとなっています。

この家族カードについては、発行された分についてETCカードをそれぞれ作ることが可能。家族内で1枚のETCカードを使い回すケースは結構ありますが、これは正確には契約違反にあたります。家族カードを活用すればその必要もなくなります。

ただし、楽天カードやライフカードのように、クレジットカードのブランドによっては、家族カードでETCカードが作れないものも存在。また、家族カード自体が発行できないクレジットカードもあります。この場合、家族それぞれが個人クレジットカードを作り、ETCカードを発行してもらうことになります。

ETCカードを複数作れる法人カード

家族カードと同じように、複数枚のクレジットカードを作れるサービスとして、法人カードがあります。これは、会社などが経費精算をしやすくするために導入するもので、決済には契約した会社が開設した銀行口座を利用します。

そして、1枚のクレジットカードを使い回すのではなく、使う社員1人につき1枚カードが発行される仕組みです。法人カードの場合も、基本的にはカード1枚につきETCカード1枚が発行可能です。

ただし例外もあり、JCBの各種法人カードのように、ETCカード「スルーカードN」のみ手数料無料で複数枚発行できる会社もあります。

なお、法人カードとは別に「ETCコーポレートカード」というものもあります。ただし、これはクレジットカードではなく高速道路利用が多い会社が、ETC大口割引を受けるために発行してもらうもの。通行料金の決済方法や審査基準も違っています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事