ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Yahoo!カーナビをカーナビ画面に表示させる方法

最近、カーナビにスマホを接続して使う方法として、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応するモデルが増えてきました。ところが、Android Autoでは無料で使える地図アプリがGoogle マップに限られてしまいます。Yahoo!カーナビをはじめとする、Android向け無料地図アプリをカーナビに表示させる方法はないのでしょうか。


Yahoo!カーナビをカーナビ画面に表示させる方法

スマホ画面をカーナビに表示する方法

スマホをカーナビに接続する方法は、かつてはRCAケーブルを使い音声のみ入出力するといったものが一般的でした。その後、BluetoothやUSBケーブルを用いるタイプも現れたものの、やはり音声のみの対応で、ハンズフリー通話や音楽を楽しむのみで、スマホ画面をカーナビに表示することはできませんでした。

そうした状況を変えたのが、iOS向けの「Apple CarPlay」や「Android Auto」の登場で、それぞれに対応するスマホアプリをインストールすることにより、カーナビ上にアプリ画面を映し出すことが可能となったのです。現在発売中の乗用車では、純正カーナビの多くがApple CarPlayやAndroid Auto対応です。

しかし、Apple CarPlayやAndroid Autoはスマホアプリの画面表示に対応した仕組みのため、スマホ画面そのものを表示するものではありません。さらに、Android Autoでは無料地図アプリはGoogle マップのみとなっているため、その他の無料地図アプリは利用できないのです。

Miracastレシーバーでカーナビ接続

しかし、カーナビにGoogle マップ以外のAndroid向け無料地図アプリを表示する方法がないわけではありません。そのひとつは、スマホ画面をテレビに表示するために用意された通信方式「Miracast」を利用するもの。スマホ・カーナビともにMiracast対応であれば、スマホ画面をそのままカーナビに表示できます。

Miracastでは、Wi-Fiの1対1通信を利用してスマホの画面や音声を送信するため、配線が不要というメリットがあります。トヨタ車の最新モデルは、カーナビやワンセグなどがオプションとなる「ディスプレイオーディオ」を搭載するため、Miracastでスマホの地図アプリを表示してカーナビの代用とすることも可能です。

また、Miracast対応でないカーナビの場合であっても、HDMI入力に対応するモデルであれば「Miracastレシーバー」と呼ばれる装置を取り付けることでMiracastが使えるようになります。Miracastレシーバーは家電量販店でも販売されており、6,000円前後で購入可能です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。