ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

都心の運転は駐車場が無料になる提携カード活用

どのお店にも無料駐車場がある郊外と違い、東京都心では駐車場に料金を支払うのは当たり前。利用金額に応じた割引を用意する施設は多いものの、駐車料金節約のために無駄な買い物をするのはかえってもったいないともいえます。そこで活用したいのが、持つだけで駐車場が一定時間無料になる各種提携カードです。


都心の運転は駐車場が無料になる提携カード活用

丸の内カードなら駐車場が1時間無料

駐車場が一定時間無料になるカードのうち、手軽に作れて対象施設が多いのが「丸の内カード」です。丸の内カードは、東京都心の丸の内・大手町地区で多くのビルを管理する三菱地所プロパティマネジメントが発行するポイントカードで、クレジット機能なしであれば無料かつ審査なしで入手できます。

丸の内カードで駐車場が無料になるのは、丸ビル・新丸ビルなど21か所で、カードを提示することで駐車料金が1時間無料。これら施設の駐車料金は、通常30分400円の共通料金となっていて、丸の内カードを提示することで最大1回800円分の駐車料金が節約できる計算です。

また、六本木にある東京ミッドタウンが発行するポイントカード「東京ミッドタウンカード」も、カード所有者向けに駐車無料サービスを実施中。ただし、クレジット機能なしのポイントカードは平日のみ1時間無料なのに対し、セゾンカードとの提携カードは土日祝日も1時間無料です。

ヒルズ共通で駐車場が最大2時間無料

クレジットカード会員向けに駐車場無料サービスを幅広く行っているのが、都心で数々の「○○ヒルズ」と名付けられたビルを運営する、森ビルが発行の「ヒルズカード」です。観光名所にもなっている六本木ヒルズの場合、ヒルズカードで駐車料金を精算すると、最大2時間まで駐車料金が無料となります。

さらに、六本木のアークヒルズや虎ノ門ヒルズ・愛宕グリーンヒルズ・オランダヒルズの駐車場もヒルズカードでの精算により1時間無料になるほか、お台場のビーナスフォートでも総合インフォメーションでの手続きで1時間無料です。

また、東武鉄道グループのクレジットカード「東武スカイツリー東武カードPASMO」には、東京スカイツリーを中心とする複合施設「東京スカイツリータウン」の駐車場が2時間まで無料となるサービスがあります。こちらも、ヒルズカード同様に精算時にカードを利用することで、駐車料金の割引が受けられる仕組みです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事