ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

30%割引「ETC休日割引」今年のGWは適用除外に

全国的に行われたまん延等重点措置が解除され、今年のゴールデンウィークには久しぶりに長距離ドライブを楽しもうと考えている人も多いでしょう。しかし、休日のドライブがETC限定で30%オフになる休日割引について、ゴールデンウィーク・お盆・年末年始については今後、ETC休日割引を適用しないことが発表されました。


30%割引「ETC休日割引」今年のGWは適用除外に

ETC休日割引がゴールデンウイーク除外

NEXCO3社と本四高速・宮城県道路公社はETC休日割引について、2022年度はゴールデンウィークとお盆・年末年始は適用対象外とすることを発表しました。それぞれの適用除外期間は、2022年4月29日~5月8日、8月11~14日、12月31日~2023年1月3日です。

ETC休日割引は、土日祝日にETC利用で高速道路を走行した場合、NEXCO3社と宮城県道路公社は通行料金が30%オフになるというものです。なお、本四高速についてはETC料金と現金料金が別設定で、休日割引はETC料金から30%オフを目安に料金表が設定されています。

ETC休日割引は、車種区分で「軽自動車等」「普通車」に対象が限定されるほか、首都圏と関西圏に設定された「大都市近郊区間」と沖縄道・東京湾アクアラインは対象外です。対象日や車種・区間を考えると、ETC休日割引は郊外へのレジャー目的で高速道路を利用するドライバー向けといえるでしょう。

2023年以降もETC休日割引を適用除外

しかし、ゴールデンウィーク・お盆・年末年始の期間については、全国的に交通量が増え、各地で渋滞が多発します。このことは、国土交通省の審議会でも問題になっており、高速道路各社へETC休日割引の見直しを求める答申が2021年8月に出されていました。

今回、5社連名で発表されたゴールデンウィーク・お盆・年末年始のETC休日割引の適用除外は、国土交通省が答申にもとづいて5社へ行った依頼を受けたもの。発表には、「ゴールデンウィーク、お盆および年末年始においては休日割引を適用しない」という記載があるため、2023年度以降についても同様の対応となる見通しです。

なお、ETC割引のうち、0~4時の走行分に適用されるETC深夜割引についてはゴールデンウィーク・お盆・年末年始も引き続き利用できます。とはいえ、先ほどの答申はETC深夜割引についても適用時間帯や区間の見直しを求める内容となっているため、今後の動向から目が離せません。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事