ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

二輪車定率割引がバイクETC割引としてスタートした

バイクの高速料金については、車体が小さく軽いのに高速料金は軽自動車と同じで高すぎるという話はライダーからよく聞かれるところです。そこで、さまざまな働きかけがあった結果、この4月からETC限定のバイク向け割引「二輪車定率割引」がスタートしました。とはいえこの二輪車定率割引、実はそれほどおトク度が高いとはいえない内容なのです。


バイク向けETC割引「二輪車定率割引」スタート

二輪車定率割引で料金を37.5%オフ

NEXCO3社と宮城県道路公社は、2022年4月2日~11月27日(北海道のみ10月30日)の期間、ETC限定のバイク向け割引「二輪車定率割引」を開始すると発表しました。この二輪車定率割引は、二輪車ライダーが事前登録を行うことで、土曜・日曜・祝日に100km以上高速道路を走行した際の通行料金を37.5%割り引くという内容です。

バイクETC割引の二輪車定率割引の事前登録は、NEXCO中日本が運営する会員サイト「速旅」の仕組みを利用するもので、速旅会員への登録も必要となります。さらに、速旅で販売中の他のETC乗り放題プランと異なり、バイクETC割引の二輪車定率割引については初回利用時に限り、利用する二輪車にセットアップしたETC車載器管理番号も登録しなければなりません。

なお、バイクETC割引の二輪車定率割引の申し込みは高速道路の利用日ごとに行う必要があり、土曜・日曜の1泊2日でツーリングに向かう場合、土曜・日曜両方の利用登録が必要です。また、日帰りで往復するツーリングであればその利用日の登録を行うことで、往復ともバイクETC割引の二輪車定率割引が適用となります。

二輪車定率割引の幅広い対象路線

バイクETC割引の二輪車定率割引の対象路線は幅広く、仙台松島道路を含むNEXCO3社路線のうち割引対象外となるのは第三京浜道路・横浜新道・横浜横須賀道路・第二阪奈道路・第二神明道路・関門トンネル・沖縄道のみ。ETC休日割引が適用外となる首都圏・関西圏の「大都市近郊区間」に指定された路線の多くも、バイクETC割引の二輪車定率割引が適用となります。

しかし、バイクETC割引の二輪車定率割引は休日割引・深夜割引・平日朝夕割引といった他のETC割引との重複適用がありません。このため、もともとETC休日割引やETC深夜割引の対象区間を走行する場合、二輪車定率割引の実質的な割引率は約11%にとどまり、さほどお得とはいえないものになってしまいます。

なお、バイクETC割引の二輪車定率割引での走行距離が100kmを超えるかどうかの判定は、入口ICから出口ICの間に複数料金所がある場合も連続走行として計算。例えば、関越道~外環道~東北道のように走行すると大泉JCTと川口JCTで料金所を通過しますが、バイクETC割引の走行距離はすべてを合計したものです。

また、東北自動車道を福島JCTで降り、東北中央道経由で山形方面へ向かう場合、福島大笹生IC~米沢ICは無料区間となりますが、前後の区間の高速道路の走行距離が合計100kmを超えればバイクETC割引の二輪車定率割引の対象です。このような区間が全国各地にあり、詳細はNEXCO西日本の料金検索サイトで確認できます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事