ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

大型連休はETC平日朝夕割引で高速代を節約する

1年間のうち、お盆・年末年始とともに全国各地で渋滞が多発するシーズンがゴールデンウィーク(GW)です。さらに、GWには祝日が集中し高速道路もETC休日割引となるため、割引狙いでドライブに出かけるクルマで大渋滞を引き起こしていました。しかし、今年からはGWの高速道路はETC休日割引の対象外。GWは平日を狙った方が高速道路をお得に走れるのです。


大型連休はETC平日朝夕割引で高速代を節約する

ETC平日朝夕割引は10回以上50%オフ

ETC限定割引のなかでも、最大50%割引となるのが「平日朝夕割引」です。平日朝夕割引の割引率は、毎月平日6~9時・17~20時に対象路線を走行した回数で決まり、月6~9回の場合30%オフ、10回以上になると50%オフです。

平日朝夕割引の対象となるのは、東京・大阪の近郊に設けられた「大都市近郊区間」と東京湾アクアライン・第二神明道路・第二阪奈道路・関門トンネルを除く路線です。また、平日朝夕割引の適用は対象路線の最大100kmまでとなっており、100kmを超える走行は100km分のみ割引となります。

走行距離に制限があること、首都圏・関西圏に割引対象路線が集中していることから、平日朝夕割引は郊外での通勤利用を想定した割引といえるでしょう。とはいえ、レジャー目的であっても平日朝夕割引がおトクになるのがGW・お盆・年末年始などの大型連休。これらの期間はETC休日割引の対象外だからです。

ETC平日朝夕割引は事前に会員登録必要

例えば、2022年のGWでは4月29~5月8日はETC休日割引の対象外ですが、平日となる5月2・6日は平日朝夕割引を受けることが可能。毎月の利用回数が6回以上のドライバーであれば、GW期間中は土日祝日ではないこの2日を狙って走行することで、高速道路をお得に走ることができるのです。

ただし、平日朝夕割引はETCマイレージの還元額を利用して割引を行う仕組みのため、利用にはETCマイレージへの会員登録が必要。ETCマイレージの登録には、氏名や連絡先・ETCカード番号のほか、自身または家族が所有する自動車にセットアップされたETC車載器管理番号が必要で、自家用車を持たない人は登録できません。

また、ETCマイレージの会員登録は1IDにつきETCカード1枚のみで、平日朝夕割引の割引率を計算するための月利用回数も各カードごとにカウントされます。このため、ETCカードを複数枚持っているドライバーは、平日朝夕割引の割引率を上げるためにも、なるべく1枚のETCカードで高速道路を走行した方が有利です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事