ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

あおり運転より怖い「つきまとい運転」の対処法

2017年に高速道路上で発生した「あおり運転」による悲惨な事故は多くの人の記憶に残っているはず。ドライバーなら誰でも遭遇しうる暴力にどう対応するべきなのでしょう。じつは、あおり運転より危険なのが「つきまとい運転」です。つきまとい運転の対策を、交通事故分析のプロに教えてもらいました。


あおり運転より怖い「つきまとい運転」の対処法


つきまとい運転はあおり運転より厄介

ふだんの対人関係で私たちは空気を読みますが、クルマの運転環境でも空気を読むことは大切です。相手のクルマが何をしようとしているか、見極めが必要でしょう。

そして、むやみに車線変更など目立つ行為をせず、道を譲る運転を心掛けたいもの。基本ですが、車間距離を十分に保ちながら走行車線を運転すればトラブルに遭わずに事故を回避できる可能性が高いのです。

本当に厄介なのはあおり運転より、つきまとい運転。執拗に邪魔をしてくるタイプです。こういう時に役立つのがドラレコ。ドラレコは前方カメラだけでも、きまといの過程を撮影すれば証拠になります。有効な活用法として、声を出して相手のクルマのナンバーを録音するとよいでしょう。


つきまとい運転では車道に停車しないい

また、つきまとい運転の相手が前に出て停車させようと妨害してきたからといって、車道で停車することだけはNG。最低でも路肩、できればパーキングエリアに逃れましょう。

あとは「クルマの外に出ない」、いくらクルマを蹴られたりしても「窓を開けない」ことが大切です。速やかに110番して、相手の特徴をドラレコに話して記録。スマホで相手を撮影するのもよいでしょう。

そして、もしあおり運転に遭ったら相手の挑発に乗らず「張り合って何の得があるの?」と、気持ちを抑えましょう。相手と同じ土俵に立ってしまって、どっちもどっちとならないようにしたいところです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。