ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ダイソーLEDライト単4×3本を「1本」にする改造

ダイソーの「マルチアングルマグネットライト」は、回転するハンドルにネオジム磁石が付いており、鉄部に固定して使える小型ライト。価格は110円です。6個のCOBチップが単4形乾電池×3本で光るのですが、3本というのは中途半端。どうにかして1本で動かしたい…ということで、単4×1本仕様に改造してみました。


ダイソーLEDライト単4×3本を「1本」にする改造

ダイソーLEDライトが単4×1本で点灯

単4×1本仕様への改造に考えたのが、LEDドライバの組み込みです。LEDドライバとは、LEDを点灯させるための専用IC。電流精度が高くなりエネルギーロスを軽減できるため、効率的にLEDを光らせられます。

AliExpressで入手した1個50円程度の激安LEDドライバを取り付けることで、電池の電圧が極限まで下がっても使えるようになり、単4形乾電池×1本でもライトを点灯させられるのです。

主な材料は、フラッシュライト用 3WLED、LEDドライバ(AliExpress)、リード線。改造手順は、LEDドライバ裏面の中心部(+)と周囲(-)にリード線をハンダ付け。そして、+側の出力線を3cmほど延長します。

ダイソーLEDライトを改造する手順

ダイソーLEDライトを改造する手順は、まずマグネットライト裏側のネジ3本を抜いて、前面のケースと透明板を分解。そして、ハンダごてでリード線と抵抗を取り外します。そして、LEDドライバの赤青線をCOBにつなぐのです。

電池ボックスの+端子をスイッチに、その先をLEDドライバの電源+に、電源-を電池ボックスの-端子に接続。元通りに組み立てたら完成です。

改造したダイソーLEDライトは1.2Vのニッケル水素電池も問題なく使えました。電池3本を充電するのは面倒なので、1本で済むのは助かります。

改造前と後で明るさを比較しても、どちらも直視できないほど明るく発光していましが、LEDドライバの方が若干暗め。ただ、実用上は全く問題ないレベルです。(文/oink!)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事