ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コードレスホンのアナログとデジタルの違いは?

コードレスホンは、壁から出ている電話端子に有線接続する電話機本体の「親機」と、配線が無く自由に持ち運べる受話器の「子機」で構成され、その間を電波で結んでいます。この電波の変調方式によって、コードレスホンは2つのタイプに分けられます。アナログコードレスホンとデジタルコードレスホンです。詳しく見ていきましょう。


コードレスホンのアナログとデジタルの違いは?

コードレスホンのアナログは380MHz帯

最もポピュラーなタイプは、1987年に製造販売が自由化された「アナログコードレスホン」(小電力コードレスホン)で、親機側は380MHz帯、子機側は254MHz帯のFMモードを使用するタイプです。

送信出力は10mW、アンテナは本体一体型にするなど、法律で定められた規格で作られている無線局なので、ユーザーは買ったその日から無線関連の手続き不要で使えます。

コードレスホンの10mWという送信出力は、420MHz帯の特定小電力トランシーバと同じです。使用周波数も比較的近いので、電波の到達範囲も似ており、コードレスホンの電波は思っている以上に遠くまで飛んでいます。

コードレスホンの電波は500m以上も

コードレスホンの電波は、木造住宅であれば親機から半径100~200mは飛んで行き、マンション上層階の窓際に親機が置かれているような場合は、500m以上も離れた場所まで電波が届くこともあります。

もう一つは、1.9GHz帯や2.4GHz帯のデジタル波(いくつかの規格が存在)を使った「デジタルコードレスホン」。こちらは2000年頃から出荷台数が増え、2008年頃にアナログコードレスホンの出荷台数を追い越しました。

現在、家電量販店などで販売されているのは大半がデジタルコードレスホンです。デジタル波は受信できないため、通話内容が受信できるのはアナログコードレスホンになります。(文/大伴俊夫)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事