ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

AG-デスクトップレコーダーの使い方と設定法

「AG-デスクトップレコーダー」は低スペックPCでも高解像度・高fpsで録画できるのデスクトップキャプチャソフト。キャプチャと作成した録画データをエンコードする作業を別々に行う「バッファリングエンコード」機能を搭載しています。AG-デスクトップレコーダーの使い方を紹介します。



スポンサーリンク
AG-デスクトップレコーダーの使い方と設定法

AG-デスクトップレコーダーで録画

AG-デスクトップレコーダーの対応OSは、Windows8/7/Vista/XP。専用サイトからダウンロードできます。

AG-デスクトップレコーダーはWMV形式でキャプチャできるほか、専用コーデック「AmuseGraphics Movie」が付属。独自の「AGM形式」での録画が可能です。一般的なプレーヤーで再生できないため汎用性は低いですが、低負荷かつ高画質にエンコードできます。

AG-デスクトップレコーダーの使い方は、まずインストール後にコーデックとエンコードモードを設定します。インジケーターから「AG」アイコンを右クリックして「領域指定録画」を選択してください。録画範囲を指定したら、録画ボタンをクリックしてキャプチャを開始します。

AG-デスクトップレコーダーの設定

AG-デスクトップレコーダーの設定はソースが60fpsであれば、60fpsに設定するのがベスト。DVDや動画サイトの映像なら30fpsで十分でしょう。

キャプチャする倍率が設定可能。例えば、倍率を50%に設定し「1920×1080ドット」の映像をキャプチャすると、「960×540ドット」の動画ファイルが出来上がります。

録画モードはキャプチャと同時にエンコードを行う「リアルタイムエンコード」が便利。時間はかかりますが、低スペックPCならバッファリングエンコードがよいでしょう。この情報は『ラジオライフ』2016年1月号に掲載されていました。

■「デスクトップキャプチャー」おすすめ記事
デスクトップキャプチャーで見きれないを防止
デスクトップキャプチャーソフト4種を徹底比較
デスクトップキャプチャーソフトを目的別に選ぶ
アマレコTVは生配信もできるキャプチャソフト
Bandicam(バンディカム)10分経過で強制終了
CamStudioは開発終了でWindows8以降に非対応

■「動画」おすすめ記事
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
動画共有サイトの違法と合法の境界線はどこ?
動画をダウンロードする際のボーダーラインとは
動画配信が見放題で持ち帰りOKなネットカフェ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。