ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

デスクトップキャプチャーソフト4種を徹底比較

パソコンのデスクトップ画面に映る映像を動画ファイルとして保存できるのがデスクトップキャプチャソフト。合法的にバックアップする方法として、デスクトップキャプチャは定番のツールです。ユーザーの多い4種類のデスクトップキャプチャソフトを徹底比較してみました。


デスクトップキャプチャーソフト4種を徹底比較

デスクトップキャプチャー比較

今回、比較したデスクトップキャプチャーソフトは「AG-デスクトップレコーダー」「アマレコTV Live アマミキ!」「Bandicam」「CamStudio」。YouTubeのフルHD動画をそれぞれのデスクトップキャプチャーソフトで録画しました。

画質はフルHD(1920×1080ドット)で録画時間は4分00秒、フレームレートは0fpsで保存形式AVIです。録画ファイルの画質と容量、キャプチャ時のPCの負荷にどの程度の差が出るのかチェックしてみました。

AG-デスクトップレコーダーは、アマレコTVと同様のコーデックを使用し、AVIで保存。録画ファイルは映像がぼけたりカクつくことも。音声はキャプチャ時より小さく録音されていました。動画容量は「3.87Gバイト」で、キャプチャ中のCPU使用率は20%前後です。

動画再生時にロゴが表示される

アマレコTVは若干のカクつきはありますが、きれいにキャプチャでき、音声も完璧。動画容量はAG-デスクトップレコーダーと同じコーデックを使用しているにも関わらず、動画容量に大きな差が出ました。PCへの負荷は、CPU使用率32%前後です。

Bandicamはカクつきがなく、画質も音質もきれいなのが特徴。ただし、「アマレコTV」と同様、動画再生時に画面上部にBandicamのロゴが表示されてしまいます。動画容量は「469Mバイト」。PCへの負荷は、CPU使用率10%前後と最も低い結果となりました。

CamStudioは検証したPCと相性が悪いのか、画面が時折乱れたり、音声に一部ノイズが入っていました。また、録画データの保存に失敗することも…。動画容量は「4Gバイト」で、CPU使用率は50%前後と、最もPCに負荷がかかりました。


デスクトップチャプチャーは目的別

録画した画質を比較したデスクトップキャプチャーソフト4種は、目的別に選ぶのが正解。それぞれのソフトの使い勝手や性能を比較してみました。

AG-デスクトップレコーダーは、低スペックPCでも高解像度・高fpsで録画できるのが特徴のデスクトップキャプチャーソフトです。実際、動画ファイルの容量は比較的少なく、PCへの負荷も軽い結果でした。

AG-デスクトップレコーダーは時間制限もなく、再生画面にロゴも出ないためオススメ。DVDやBDのバックアップに適しているデスクトップキャプチャーソフトといえるでしょう。

初心者向けデスクトップチャプチャー

アマレコTVはゲーム実況に必要な機能が多く搭載されています。現役のゲーム実況プレイヤーからの支持も高いデスクトップキャプチャーソフトです。ゲーム実況には最適なソフトでしょう。

BandicamはCPUへの負荷も軽く、スムーズにデスクトップキャプチャーができます。インストールや録画設定も簡単なので初心者向けのソフト。とくに低スペックPCでの、短時間の動画をキャプチャーするならオススメです。

CamStudioは比較的古くからあるデスクトップキャプチャーソフトですが、使い勝手や性能はイマイチという印象。他ソフトにバトンタッチする時期かもしれません。


範囲指定のデスクトップキャプチャー

このほか、デスクトップ画面を録画するキャプチャーソフト「oCAM」が注目されています。oCAMは、範囲を指定して録画ボタンを押すだけのシンプルなデスクトップキャプチャーソフトです。録画した映像は、汎用性の高いMP4形式の動画ファイルとして永久保存。有料配信サービスの動画などを合法的に手元に保存しておけます。

なお、oCAMと相性がいいのはFireFoxなどSilverlight再生のブラウザです。それ以外だと正常に動作しないこともあるので事前に確認をしたほうがよいでしょう。

さっそく、oCAMの導入方法を見ていきます。初めに専用サイト(http://ohsoft.net/eng/)からソフトをダウンロードして実行。「日本語」を選んだら、画面の指示に従ってインストールします。

デスクトップキャプチャーで有料配信を永久保存

デスクトップキャプチャーの保存形式

デスクトップキャプチャーソフトを起動したら、緑色の枠を録画したいプレーヤー部分に合わせ、ソフト左上にある「録画」をクリックすればスタート。「停止」ボタンを押せば録画は終了です。

広告画面が出ますが、数秒待って「閉じる」ボタンを押せば消えます。デスクトップキャプチャーで録画した映像はMP4形式で保存。PCはもちろん、スマホでも見られます。

なお、有料配信サービスのAmazonプライム・ビデオはスマホアプリで保存が可能です。見たい動画を選び、「ダウンロード」をクリックするとダウンロードが始まり、終了するとアプリ上に保存されます。これで電車の中など、ネット環境がない場所でも動画が見られるというわけです。

■「デスクトップキャプチャー」おすすめ記事
デスクトップキャプチャーで見きれないを防止
デスクトップキャプチャーソフトを目的別に選ぶ
AG-デスクトップレコーダーの使い方と設定法
アマレコTVは生配信もできるキャプチャソフト
Bandicam(バンディカム)10分経過で強制終了
CamStudioは開発終了でWindows8以降に非対応

■「動画」おすすめ記事
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
動画共有サイトの違法と合法の境界線はどこ?
動画をダウンロードする際のボーダーラインとは
動画配信が見放題で持ち帰りOKなネットカフェ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事