ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

動画共有サイトの違法と合法の境界線はどこ?

動画サイトをとことん楽しむには事前の準備が大事。法律などの基礎知識を身に付けておくことが肝心です。とくに、日本のコンテンツがたくさん見られる海外の動画共有サイトはどこからが違法で、どこまでが合法なのでしょう? 動画共有サイトの基礎知識を紹介します。



スポンサーリンク
動画共有サイトの違法と合法の境界線

動画共有サイトは視聴だけならOK

海外の動画共有サイトには、著作権がクリアではない日本のコンテンツが多数存在します。そのようなサイトを利用する際には、違法と合法のボーダーラインを知っておく必要があります。

結論からいうと、違法なコンテンツでも視聴するのは現在の法律上はOKです。例えば、録画されたテレビ番組が違法にアップされているとして、それを見るだけなら違法になりません。ただし、ダウンロードするのはNGです。

2012年の著作権法改正により、違法コンテンツのダウンロードも規制されるようになりました。違反すると、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金に処されることになります。

動画共有サイトのダウンロードは違法

別の言い方をすれば、著作権者を無視した違法なコンテンツは、アップロードもダウンロードも違法。視聴するだけならいまのところ、法律に抵触しません。

とはいえ、これはあくまで現在の著作権法なので、常に動きを追いながらサイトを利用しましょう。例えば2012年6月に成立した「著作権法の一部を改正する法律」により、テレビ番組や音楽ファイルのダウンロードが違法になりました。

さらに、2014年の著作権法改正により、出版物や電子書籍の違法コピーも2015年1月1日から取り締まられることになっています。この情報は『ラジオライフ』2015年1月号に掲載されていました。

■「動画共有サイト」おすすめ記事
動画共有サイトはどのブラウザを利用する?

■「動画」おすすめ記事
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
動画をダウンロードする際のボーダーラインとは
動画配信が見放題で持ち帰りOKなネットカフェ
デスクトップキャプチャーで見きれないを防止

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事