ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

チプカシの王道「F-91W」の防水性アップ改造

いまカシオ計算機の腕時計が「チプカシ」としてヒットしてます。その火付け役ともいえるチプカシ王道モデルが「F-91W」。ごくごくシンプルなデジタル時計です。そんなF-91Wの防水性をシリコンオイルを注入することで、防水性をアップする改造方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
チプカシの王道「F-91W」の防水性アップ改造

チプカシF-91Wにシリコンオイル

チプカシの防水性は生活防水程度。安価なのでこれで十分ともいえますが、防水性をアップさせるカスタマイズがあります。

それがシリコンオイルをケース内に注入する“ハイドロ化”。防水性が飛躍的に上がり、水中での液晶パネルの視認性も向上するはずです。そこで、チプカシの王道モデル「F-91W」の防水性をアップする改造をしてみました。

使用するオイルは「エース シリコンオイル 100ml」(340円)など。低粘度のものを選ぶのがポイントです。このオイルを使って、どのように防水性をアップするのかを見ていきましょう。

チプカシF-91Wの防水性がアップ

まずはF-91Wの裏ブタの4隅にあるプラスネジを精密ドライバーで回して裏ブタを外します。そこに、ケース内部がヒタヒタになるまでシリコンオイルを注ぐのです。

オイルが浸透するように、ドライバーを挿し込みユニットを上下に動かします。あとはゴムパッキンを戻し、裏ブタを閉じるだけ。ゴムパッキンを忘れるとオイルがダダ漏れになるので注意しましょう。

溢れたりこぼれたりしたオイルを、吸水性の高い紙で吸い取って完成です。これでチプカシの定番F-91Wの防水性アップの改造完了。液晶内に見えるオイルは水準器としても使い道もあります。

■「チプカシ」おすすめ記事
チープカシオの世界は自分流カスタマイズが魅力
チープカシオのデジタル時計モデル人気ベスト5
チープカシオのアナログはインスタモデルが人気
チプカシ人気モデル「MQ-24」電池交換する方法

■「F-91W」おすすめ記事
「F-91W」はテロ組織の起爆装置に使われている
F-91Wの液晶をブラックに塗装してカスタマイズ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事