ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ヒミツのクマちゃんのAmazonレビューがひどい件

夢のぬいぐるみ「ヒミツのクマちゃん」のAmazonレビューには「騙された」などの辛辣な書き込みが多数あります。「しゃべる言葉は無限大」というのがウリのヒミツのクマちゃん。とてもハイテクなぬいぐるみと思いきや、思わぬヒミツがあったのです。



スポンサーリンク
ヒミツのクマちゃんのAmazonレビューがひどい件

ヒミツのクマちゃんのヒミツとは

まるで生きているかのように会話できるという、夢のぬいぐるみ「ヒミツのクマちゃん」。タカラトミーアーツから実勢価格3,600円で発売されています。ヒミツのクマちゃんのWebサイトにはこんな説明が並んでいます。

「しゃべる言葉は無限大」「歌ってくれる歌数は無限大」「自由な会話遊びが可能」「リアルタイムの話題可能」…これだけを見ると、AIが搭載されていて、Siriレベルの音声認識データベースが存在し、子供と自由自在に会話が可能な製品というイメージを抱くでしょう。

しかし、商品名にある「ヒミツの」というワードをスルーしてはいけません。実はクマちゃん自身に会話をする機能はなく、親が「ハートシーバー」という付属のトランシーバを使って、クマちゃんから言葉を発信するというヒミツがあるのです。

ヒミツのクマちゃん購入者が激高

ハートシーバーの通信距離は7m。クマちゃんを介して子供と会話するという仕組みです。子供はぬいぐるみが生きていると錯覚する一方、クマちゃんの声の正体は親。勝手に遊ばせられると思いきや、親の負担がハンパありません。

これでは、ヒミツのクマちゃんの購入者が激高するのも無理はないでしょう。もちろん、Webサイトにしっかりと記載されているので、ちょっと見れば分かることですが、中には勘違いしたまま購入した人もいるようです。

実際、Amazonのレビュー全28件中15件が星1つの評価。半数以上のユーザーが騙されたと感じているようです。中には、予約時点ではクマちゃんのヒミツについて記載されていなかった、との書き込みもありました。

■「ヒミツのクマちゃん」おすすめ記事
ヒミツのクマちゃんの中身を徹底解剖してみた
ぬいぐるみ型盗聴器をヒミツのクマちゃんで製作

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事