ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

窓掃除はマグネット式クリーナーが便利だった

窓掃除が外側と内側を同時に拭けるクリーナーで簡単にできる商品を、テレビショッピングで見たことがあるでしょう。磁石を使って内側と外側を一気に窓掃除できるという商品。はたして、実際の使用感はどうなのでしょう? この窓掃除の便利グッズを実際に使ってみました。



スポンサーリンク
窓掃除はマグネット式クリーナーが便利

内と外の窓掃除が同時にできる

「マグネット式両面ガラスクリーナー」は、室内側と外側のクリーナーが窓ガラスを挟んで磁力で吸着。室内側のクリーナーを動かせば、外側のクリーナーも一緒に動くので、内と外の窓掃除が同時にできるという仕組みです。

窓掃除の便利グッズはマグネット式両面ガラスクリーナー本体と落下防止ヒモ、網戸用アタッチメント、網戸押さえ、専用ケースという内容。はぴねすくらぶが発売しています。

マグネット式両面ガラスクリーナー本体は、室内用パーツが75W×153H×40Dmm/178g、屋外用パーツが78W×153H×8Dmm/135g。今回はセットで4,104円で購入しました。

外に出られない窓掃除には必須

実際に窓掃除に使ってみると、磁力が強いため、窓拭きとは思えない力が必要でした。とはいえ、外に出られない構造になっている場所の窓掃除には、必須のアイテムです。

本体裏側を見ると、どちちらにも横方向のローラーが付いている仕組み。磁石は上下の2か所に内蔵。実際の拭き取り面は両端にある幅1cmの黒い部分だけです。このため、洗浄力は洗剤のチョイスによるところが大きくなります。

この窓掃除の便利グッズ、総合評価は5点満点で3点。横への動きはスムーズですが、縦に動かす時は脱落しやすいのが難点です。慣れが必要ですが、拭けない外側が拭けるのは便利です。この情報は『ラジオライフ』2015年9月号に掲載されていました。

■「掃除」おすすめ記事
お掃除ロボットが3千円台!驚きのフォルムとは
お掃除ロボット「マルゲッター」を使ってみた
エアコンフィルター掃除と内部洗浄を自分でやる
アイリスオーヤマの高圧洗浄機はとにかく小さい
風呂掃除が簡単!充電式お風呂回転ブラシセット
洗剤革命はホントに浸けるだけで汚れを分解した
ダイソンDC62の吸引力はホントに落ちなかった
ダイソンDC62のモーダーヘッドは水拭きいらず
スイブルスイーパーマックスは用途限定で使う
布団掃除機をハンディクリーナーで自作する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事