ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

サノレックスは脳に「痩せる」を調教する劇薬

元気で楽しく、さらに異性に好印象を持たれるためにはメタボ解消は必須。とはいえ運動したりダイエットしたりする余裕はなかなかありません。そんなときは飲むだけの効果のあるクスリを活用するのが手。苦労せずに脂肪を除去できるクスリを紹介しましょう。



スポンサーリンク
サノレックスは脳に「痩せる」を調教

肥満患者に処方されるサノレックス

BMI値35以上の肥満患者に処方される食欲抑制剤が「サノレックス」。摂食中枢の抑制と満腹中枢の興奮により食欲抑制効果を発揮するのです。

このサノレックス、睡眠障害を引き起こすケースがあるので昼食前の内服が指示されます。また、耐性がつきやすいので最長でも3か月の投与が限度という縛りの多い代物です。しかも病院での処方のみでしか入手できません。

「ゼニカル」は脂肪分解酵素リパーゼの働きを妨げ、摂取量の約30%程度の脂肪を体に吸収させずに、そのまま体外に排出させるという脂肪排出剤です。

ゼニカルを使うとお腹が張った感じになり肛門から脂が垂れる、おならと一緒に脂が出てくるなど都市伝説化しそうな話もあります。現状の日本では保険適用外なので要注意です。

痩せる薬の数々

αリポ酸を注射をするユーザーもいる

このほか、ダイエット錠剤として国内ネット通販で人気の「αリポ酸」。脂肪の燃焼促進や基礎代謝の向上により痩せやすい体質の獲得が期待されます。

飲用のサプリメントは内容量が少なく吸収時のロスが多いことから、美容
クリニックでαリポ酸を注射をするユーザーもいるとか。直接血液内に送り込み、新陳代謝を活性化させる方法です。

肥満になると付きまとうのが大量の汗です。汗は悪臭の元凶です。しかし国内市販薬で現状、これといった多汗症治療薬はありません。輸入薬である「プロバンサイン」は、ファイザーが販売している神経系のクスリです。

アセチルコリンという物質の働きを抑え、この作用により、消化管の異常収縮と胃粘膜の刺激を抑え、胃液の分泌を減らします。こうした生理的な体内の分泌を抑える作用が多汗症にも有効なのです。この情報は『ラジオライフ』2015年3月号に掲載されていました。

■「痩せる薬」おすすめ記事
防風通聖散はぽっこりお腹に効くダイエット薬

■「医薬品」おすすめ記事
体臭の原因除去で力を発揮するアイテムはこれ
医療費控除の対象を理解して確定申告で得する
アットノンクリームはしわ対策に効果アリ!!
下痢止め薬なら「正露丸糖衣S」を飲むのがお得
グリチロンはアルコール分解薬として効果を発揮
解熱剤はバファリンよりロキソニンのほうが効く
プロペシアは本当に効果のある脱毛症のクスリ
体臭を改善するクスリのウソ・ホントを見極める
ED治療薬のジェネリック医薬品の効き目を比較

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。