ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows7の再インストールは準備が大切だった

メンテナンスしても快適な環境に戻らない、原因不明のエラーが多発するという場合は、思い切ってWindows7を再インストールするのも手です。ただし、Windows7を再インストールすると、Cドライブのファイルはすべて消えてしまいます。重要なファイルは事前にバックアップしておきましょう。



スポンサーリンク
Windows7の再インストールは準備が大切だった

Windows7の再インストールの準備

Windows7の再インストールは準備が大切。Windows7を再インストールするには事前に「インストールディスク」「各種ハードのドライバ」「重要ファイルのバックアップ」の3つを揃えておく必要があります。

Windows7のインストールディスクが手元にない場合は、MicrosoftのサイトからISOイメージを入手して自作できます。なお、メーカー製PCの場合はインストールディスクではなく、リカバリディスクが用意されているケースもあります。

また、MicrosoftのWebサイトからISOファイルを入手する際に必要なのがプロダクトキー。分からない場合は、「WindowsProduct Key Viewer」を使って自分のPCを調べましょう。

Windows7の再インストール前に作業

Windows7の再インストール前に必要な作業が各種ハードのドライバ。ディスクがなければ各種ハードの公式サイトから事前に最新ドライバをダウンロードしておくとスムーズ。ドライバファイルが見つからない場合は、「Double Driver」を利用。PCから抽出・復元できます。

重要ファイルのバックアップは「BunBackup」を使用するのが便利。起動したらツールバーの「+」ボタンからバックアップしたいフォルダと、バックアップ先のフォルダを指定します。

「バックアップ」から「バックアップ開始」をクリックすると、指定フォルダをまとめてバックアップできる仕組みです。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。

■「Windows7」おすすめ記事
Windows7の再インストール手順を覚えておこう
Windows7高速化はメンテナンスソフトを活用
Windows7のスタートアップ整理で起動時間を短縮
Windows7にWindows10同等の機能を移植する
Windows10へのアップグレード通知を消す方法

■「Windows」おすすめ記事
Windows10が初期化状態になる隠しモードとは?
AndroidとWindows10が両方楽しめる小型PC
キーロガーにWindows10対応ソフトウェア型登場

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事