ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows7の再インストール手順を覚えておこう

Windows7の再インストールは、事前に「インストールディスク」「各種ハードのドライバ」「重要ファイルのバックアップ」の3つを揃えておきます。準備が整ったら、いよいよWindows7の再インストールの作業に入りましょう。Windows7の再インストール手順は覚えておて損はありません。



スポンサーリンク
Windows7の再インストール手順を覚えておこう

Windows7が再インストールは数十分

インストールディスクを光学ドライブにセットしてPCを再起動すると、インストールウイザードが自動で起動。このインストールウイザードを進めていけば、数十分でWindows7が再インストールされます。

その後、全ハードのデバイスドライバをインストールすれば作業は完了です。Windows7の再インストール手順を詳しく見ていきましょう。

インストールディスクを光学ドライブにセットしてPCを再起動。インストールウイザードを起動します。インストールウイザードに沿って進行。インストールの種類の選択では、「新規インストール」を選びます。

Windows7の再インストールの注意点

インストール先のドライブを選択。現在、Windows7がインストールされているドライブを指定しましょう。これでWindows7の再インストールが開始。完了するとセットアップ画面が開きます。ユーザー名とPC名を設定してください。

続いて、ユーザーアカウントのパスワードを設定。他人に推測されにくいものを入力します。続いてはプロダクトキーを入力。手元にない場合はこれをスキップして、後日入力することも可能です。

Windows7の再インストールの注意点としては、更新プログラムのインストールに関する設定。「推奨設定を使用します」にすると、Windows10にアップグレードされることもあります。「重要な更新プログラム~」にしておくと安全でしょう。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。

■「Windows7」おすすめ記事
Windows7の再インストールは準備が大切だった
Windows7高速化はメンテナンスソフトを活用
Windows7のスタートアップ整理で起動時間を短縮
Windows7にWindows10同等の機能を移植する
Windows10へのアップグレード通知を消す方法
Windows7にWindows10同等の機能を移植する
Windows7を高速化するための電源とメモリ設定

■「Windows」おすすめ記事
Windows10が初期化状態になる隠しモードとは?
AndroidとWindows10が両方楽しめる小型PC
キーロガーにWindows10対応ソフトウェア型登場

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事