ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

まけんグミは金券の当たり「あ」がスケて見える

グー・チョキ・パーのじゃんけんの形をしたグミの駄菓子が「まけんグミ」です。まけんグミは金券の当たりくじつき。パッケージを開けると、その裏に当たりかはずれかが書かれいます。さっそくまけんグミの当たりの判別法を見ていきましょう。当たりは意外な場所でわかります。



スポンサーリンク
まけんグミは金券の当たり「あ」がスケて見える

まけんグミは印刷での検出は困難

120個中、50円の金券が2個、10円の金券が10個入った金券型当てモノ駄菓子、丹生堂本舗の「まけんグミ」。グー・チョキ・パーのじゃんけんの形をしたグミです。

まけんグミは1セットの中にグー・チョキ・パーの3種類の形状が入っているといこと。このため、パッケージ面の印刷の差によって違いを見い出し、当たりを検出するのは困難です。

ところが、拍子抜けするようなセキュリティホールがありました。渦巻き状になっているグミの谷間にルーペを当てると、紫色のグミがスケて、台紙に記されている文字の一部が見えるのです。

まけんグミは台紙の文字が見える

すなわち、まけんグミの渦巻状のパッケージの谷の部分はそれだけ厚さが薄くなるため、目隠しになるはずのグミも少なくなります。このため、本来はグレープ色のグミで隠れている文字が見えてしまうのです。

実際に渦巻状の部分をルーペで見てみると、グレープ味で紫色のグミが若干スケるため、台紙に記された文字が見えました。とはいえ、書かれた文字がすべて見えるわけではありません。

識別できるのは「あ」と「は」。つまり“あたり”の「あ」と“はずれ”の「は」が見えてしまうのです。金券の金額までは読めませんが、まけんグミはこれで当たりかはずれかが判別できてしまいます。

■「当たり」おすすめ記事
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
よっちゃんイカは切り口の長さで当たりがわかる
よっちゃんイカの当たりを印刷で判別する方法
ペプシスペシャルゼロカロリーの当たりを見破る
当たりが見える!デコリッチミニプリンチョコ
どんぐりガムの当たりを印刷の違いで完全攻略
「ヤッターメン」で儲けるための傾向と対策
マルカワのフーセンガムの当たり攻略マニュアル

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。