ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器

盗聴発見業者に聞いた盗聴器が仕掛けられる場所

盗聴発見業者によれば、盗聴被害の相談は年々「緩やかに増えている」といいます。盗聴器が安価に入手しやすくなったことのほか、メディアで取り上げられる機会が増えたため盗聴行為自体が一般的に知られるよ[…続きを読む]

盗聴器探しは3つの周波数だけスキャンする理由

盗聴器の電波は、日本国内の周波数を管理する総務省が決めた割り当て原則に基づいた正規の電波ではありません。このため、どんな周波数を使っているのか基本的には分からないのです。ただし、室内・室外で盗[…続きを読む]

盗聴・盗撮・GPS発信機を探知する万能発見器とは

盗聴器が発する電波をキャッチしてその存在を知らせる「盗聴発見器」はよく知られた存在。一般家庭に仕掛けられた盗聴器を見つけ出すテレビ番組などで目にした人も多いでしょう。そんななか、盗聴器だけでな[…続きを読む]

HDMIケーブルにカモフラージュした会話用発信機

浮気調査などで探偵に欠かせないアイテムが、何かにカモフラージュした発信機です。擬装した発信機というと、マルチタップ型の盗聴器をイメージする人も多いはず。最近ではカモフラージュするアイテムの機能[…続きを読む]

IC付近のラブホテル盗聴波に混じるノイズとは?

盗聴波が飛び交う場所として知られているのが高速道路のインターチェンジ付近。多くの場合、ラブホテル街が存在しているため、何者かによって仕掛けられた盗聴器の電波が発見されるケースが多いのです。ただ[…続きを読む]

盗聴器から漏れ聞こえてくる音声はどんな内容?

悪意ある人間が個人の情報を得るために仕掛けた無線機器が盗聴器。盗聴器の電波に乗って聞こえてくる声の主の意思や行動とは全く無関係に、プライバシーが暴かれていきます。背後に何かしらのトラブルを抱え[…続きを読む]



盗聴器が仕掛けられているか今すぐ確認する方法

もっとも盗聴器が発見される場所は、ホテルなどではなく「一般家庭」です。しかも、年間30万~40万台が販売されているといわれている盗聴器のうち、発見されるのはそのうちのわずか5%ほどでしかありま[…続きを読む]

コンクリートマイクの価格による性能の違い

コンクリートマイクは壁に伝わる振動を音に変え、隣室の話し声をキャッチできる調査グッズ。探偵の浮気調査や警察の捜査において有効なアイテムです。製品はピンキリで、10万円ほどの録音機能付きのものか[…続きを読む]

盗聴器発見業者への依頼が6月と12月に多い理由

室内に盗聴器を仕掛けて話し声などを盗み聞く盗聴行為は確かに存在します。しかし、実際の盗聴行為件数の数十倍、数百倍もの被害“妄想”が存在するのも事実です。盗聴器発見業者にその実情を聞きました。盗[…続きを読む]

盗聴器を高感度で受信「IC-R6」は低燃費設計

2010年に発売されたアイコムの広帯域ハンディ受信機「IC-R6」は、周波数を打ち込む数字が記された数字キーが無いテンキーレスモデル。少ないボタンで良好な操作性を実現しています。さらには、盗聴[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]