ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器

コロナ禍で増えた盗聴調査の意外な依頼主とは?

日本における盗聴器発見業の第一人者である東和通信社の藤井正之氏いわく、盗聴調査の依頼の理由で「最近は浮気というか、男女のトラブルも増えています」といいます。新型コロナウイルス感染症の拡大による[…続きを読む]

コロナ禍でオフィス盗聴に使用される機器に変化

新型コロナウイルス感染症によって激変した日本の社会。社会の闇を映し出すともいわれる盗聴発見業者が語るコロナ禍の盗聴事情を見ていきましょう。話を聞いたのは、日本における盗聴器発見業の第一人者であ[…続きを読む]

企業の「盗聴調査」でコロナ禍で増えた業種は?

新型コロナウイルス感染症の拡大により、消費活動が低迷し、多くの企業で収益が悪化しました。また、テレワークへの移行や外出を控えるなど、在宅時間が増えたのはご存じの通りです。そこで、日本における盗[…続きを読む]

隣の部屋の音を聞く方法を知っておいて損はない

隣の部屋の音を聞くために、壁に当てたコップに耳を近づけるというシーンを映画やドラマで目にしたことがあるでしょう。「壁に耳あり障子に目あり」ということわざがあるように、隣の部屋の音を聞くという行[…続きを読む]

盗聴器や盗聴カメラの発見機の次に来る注目商品

アーカムといえば、電波探知機と磁気センサーに光学式レンズ発見機能を盛り込んだ、業界初の「マルチ発見機」がよく知られています。盗聴器や盗撮カメラ、GPS発信機をまとめて探知可能な一品です。アーカ[…続きを読む]

Xiaomi製の女性向け護身ライトで盗撮カメラ発見

日本では通信機器メーカーとして知られている「Xiaomi(シャオミ)」ですが、中国本土では白物家電やDIY工具、スニーカーに至るまでさまざまなジャンルの商品を手広く展開しています。中国の通販サ[…続きを読む]



盗聴防止ノイズを発生させる小型妨害機をテスト

現代では、発信器として販売される情報収集機器による盗聴対策は必須でしょう。大企業では1年に1度、専門業者に盗聴器の“掃除”を依頼するといいます。個人でも受信機や盗聴発見機によって、盗聴器の有無[…続きを読む]

盗撮カメラも見つけられる盗聴発見器が5千円!

盗聴器やワイヤレスカメラなどの電波を検知するモードと、GPS発信器やボイスレコーダーの設置に使われる磁石に反応する2つのモードを搭載したデュアルシステムの盗聴発見機を、中華通販サイトの「Ali[…続きを読む]

スマホが「盗聴器」になってしまうアプリとは?

カメラ・マイク・GPSといった機能を備えたスマホは、優秀なスパイツールにもなりえるポテンシャルを持った電子機器。スマホに「ボイスレコーダーアプリ」をインストールするだけで、盗聴器に早変わりしま[…続きを読む]

自宅に盗聴器がないかチェックすべき6つの場所

室内の音声をマイクで拾って、それを電波で送信するのが「盗聴器」の仕組み。音声を効果的にキャッチしたり、電源の確保を考えると、盗聴器が仕掛けられる場所は自ずと限られます。そこで、一般家庭で盗聴器[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]