ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察

警察の取り締まり時間帯でネズミ捕りが多いのは?

警察によるスピード違反の取り締まり件数の半分以上は「ネズミ捕り」によるものです。ネズミ捕りは所轄警察署の交通課だけでなく、交通機動隊も実施するので意外に頻繁に行われています。とはいえ、走行中に[…続きを読む]

警察官の射撃訓練は年1回で30~50発撃っている

警察は日本国内で法令に則って銃器、特に拳銃を持つことのできる数少ない組織の一つです。拳銃は交番勤務や街中をパトロールしている制服警察官も携行しています。パトロールなどで実際に拳銃を発砲すること[…続きを読む]

日本の警察官の拳銃はオートマチックに移行中?

警察はその職務に応じて各種銃器を装備しており、特殊部隊にはサブマシンガンや狙撃銃などが配備されています。これらの強力な銃器を事件の現場で目にすることは、まったくといっていいほどありませんが、拳[…続きを読む]

警察官の給料で死体収容の特殊手当1体いくら?

警察官には国家公務員もいますが、そのほとんどは地方公務員。つまり、小中学校の教員や役所の事務職と同じ公務員なので、圧倒的な高給取りとは思えません。しかし、実際はその収入以上に警察官ならではの手[…続きを読む]

パトカーの国費モノと県費モノはどういう意味?

ここ15年ほど、黒白パトカーといえば、全国津々浦々トヨタのクラウンばかりになっている印象です。街中で見かけるパトロール用の警らパトカー(無線警ら車)はもちろん、動力性能が上位の交通パトカー(交[…続きを読む]

私服刑事に配備される話題のオートマチック拳銃

今、警察官の拳銃が変わりつつあります。従来のリボルバーから、火力を強化したオートマチックへ移行しているのです。現在の日本警察の主流拳銃はリボルバーの「M360J」で、通称は“サクラ”。街中をパ[…続きを読む]



警視庁の警察官に配備されたオートマチック拳銃

警視庁の自動車警ら隊にオートマチック拳銃の「グロック45」が配備されたのは「2020年東京オリンピック」の開催に合わせて。しかし、ランヤード取り付け部の破損や弾倉の脱落などの不具合があり、東京[…続きを読む]

交通違反「罰金」「反則金」には雲泥の差がある

交通違反のペナルティとして支払うお金はすべて「罰金」というわけではありません。交通違反で支払うお金には「反則金」のほか「放置違反金」もあります。一口に交通違反といっても、支払うお金には違いがあ[…続きを読む]

自動車安全センターの運転記録証明書で免許点数

交通違反は種類に応じて点数が決められていますが、その組み合わせは複雑です。酒気帯び運転のように一発で免許停止になる交通違反はともかく、点数の累積により免許取消や免許停止になるようなケースでは、[…続きを読む]

警察官の制服が衣替え!冬服と合服は何が違う?

警察官の制服が現行タイプになったのは1994年のこと。600億円をかけて男女の制服を一新しました。近づきがたい雰囲気を避けるため、警察官の制服は警棒を見えにくくしたり、国民に親しまれやすいデザ[…続きを読む]


オススメ記事

逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]