ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ラジオ

東芝が東京芝浦電気だったころの小型BCLラジオ

1970年代後半、BCLブームが過熱して各メーカーからBCLラジオの新機種が次々に登場するようになりました。機能・性能アップと引き替えに価格も上昇し、ついに中心価格は3万円前後となったのです。[…続きを読む]

周波数の直読を実現した東芝「ナナハン」とは?

BCLラジオの多くは、シリーズごとに少年たちの心をつかむような愛称が付けられていました。ブーム初期のものとしては、ソニーの「スカイセンサー」、松下電器産業の「クーガ」が特に有名ですが、東京芝浦[…続きを読む]

東芝の短波ラジオ「TY-SHR3」の受信能力を探る

東芝の短波ラジオ「TY-SHR3」は、ラジオNIKKEI用と銘打った製品です(中波とFM波も受信可能)。昭和時代の「NSBクリスター」や「ラジオたんぱ専用ラジオ」を彷彿とさせる機種ですが、ラジ[…続きを読む]

パラボラが取り付けられる東芝のラジカセとは?

昭和に発売された星の数ほどあるラジカセの中でも、一二を争うユニークなデザインが東芝の「RT-2800」です。それはラジカセの上部に、付属のパラボラを取り付けられる構造だから。パラボラというとア[…続きを読む]

Aurexの名を冠した東芝のCDラジオ「TY-ANX1」

往年のオーディオ機器ブランドである「Aurex」の名を冠した、東芝のSD/USB/CDラジオ最上位モデルが「TY-ANX1」です。ちなみに、Aurexはオーディオの王を意味する造語になります。[…続きを読む]

東芝ポータブルラジオ最上位モデル「TY-SR66」

国内で唯一、ラジオの新製品をリリースし続ける家電メーカーが東芝です。1990年にオーディオ事業から撤退したものの、2002年に東芝エルイートレーディングを設立。普及機から上位機までさまざまなラ[…続きを読む]



東芝のBCLラジオ「トライエックス2000」とは?

現在の東芝のラジオはDSPラジオで「東芝エルイートレーディング」が中国で製造している製品です。しかし、以前の東芝のラジオは東京芝浦電気が製造する国内製造のアナログラジオ。特にBCLラジオブーム[…続きを読む]

東芝ポケットラジオの最上位モデル「TY-SPR6」

ポケットラジオ・ポータブルラジオ・CDラジオなど、多種多様なラジオを普及機から上位機までラインアップしている東芝エルイートレーディング。ラジオの製造に消極的な令和の時代。唯一、新製品をリリース[…続きを読む]

AM受信のバランスが良好なパナソニックのラジオ

胸ポケットに入れて使うことを前提に、薄く作られたパナソニックのポケットラジオ「RF-NA35R」。巻き取り式のイヤホンを内蔵する、大手家電メーカーらしい堅実なデザインが光ります。AM波の感度は[…続きを読む]

細かな選局がシビアな千円ラジオのニューカマー

蓄音機型のラジオやBCLラジオを発売するなど、ブランドの復活以降、かなり攻めている印象のアイワジャパンが送り出した新製品が、千円ポケットラジオの「AR-AP35」です。低価格でありながら作りは[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに、それ[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「デジタル式盗[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの確率と見分け方を紹介しましょう。[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、LINEに既読がつかないのです。[…続きを読む]