ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ラジオ

5千円以下でエアーバンドも受信するBCLラジオ

2014年10月に、ELPAのブランドで朝日電器から発売されたBCLラジオが「ER-C57WR」です。同社のAM/FMラジオ「ER-C56F」とボディを共用していますが、最上位機種になります。[…続きを読む]

海外放送を受信するBCLラジオ選びのポイント

海外から飛んでくるラジオ放送には中波帯(AMラジオ放送帯)もあるので、一般的なAMラジオで聞けます。しかし、本格的に海外ラジオ放送を聞こうとするなら、主用波である短波帯が聞けるラジオ、いわゆる[…続きを読む]

対北朝鮮ラジオ局は今も妨害電波との戦いが続く

毎夜22時、日本から北朝鮮に向けて流れるラジオがあります。短波ラジオ放送「しおかぜ」です。2005年に開局した対北朝鮮ラジオ局「しおかぜ」は独自の情報や、拉致被害者家族からのメッセージなどを電[…続きを読む]

海外短波放送を聞くBCLラジオは乾電池が基本

海外の短波放送局の多くは、100k~300kWのパワーで送信しており、中には500kWを超えるような強力な放送局も存在。しかし、日本で受信する時には減衰して、弱くなっています。クリアに受信する[…続きを読む]

1970年代末期の代表的な地下放送を振り返る

地下放送とは「政治的なメッセージを放送する非公式の放送」。内容には、対象国の体制批判や反政府活動といった政治的なものだけでなく、本国では放送できない話題・思想・音楽も含まれます。ここでは、日本[…続きを読む]

南北朝鮮で繰り広げられた地下放送による電波戦

地下放送とは何でしょうか。広辞苑などを引用して考察すると、地下放送は「政治的なメッセージを放送する非公式の放送」です。1970年代末期の代表的な地下放送に朝鮮半島の『希望のこだま放送』『統一革[…続きを読む]

海外短波放送が定期的に周波数を変えている理由

相手国の全土に届くラジオ放送を行うには、より遠くまで飛ぶ電波に乗せなければなりません。そこで選ばれた電波が短波帯です。国境を越える海外の短波放送には、国内のAM/FMラジオ放送と違う面がいろい[…続きを読む]

今も届く北朝鮮の乱数放送の「暗号」を読み解く

かつて盛んに放送されていた北朝鮮の乱数放送は、2000年に廃止されました。しかし、新タイプの乱数放送が2016年に開始。平壌放送の1番組として放送していますが、ダミーまたは工作員養成教材として[…続きを読む]

北朝鮮が工作員に暗号を送る「乱数放送」が再開

北朝鮮の乱数放送は少なくとも1960年代には確認されており、韓国や日本での工作活動や拉致などの具体的な指令が暗号として放送されていたといわれます。2000年6月の南北首脳会談以降、次第に放送頻[…続きを読む]

海外ラジオ放送で短波帯が採用されていた理由

大空を飛んで行くラジオの電波に国境はありません。国家の体制が違っていても、電波は国内に飛び込んできます。それゆえ、独裁国家は敵対国への謀略放送を行ったり、自国へ向けられた地下放送を妨害して、自[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]