ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

受信機

コードレスホンに搭載された2つの盗聴対策は?

1990年代にコードレスホン受信をきっかけに、一般人をも巻き込んだ受信ブームが起こりました。コードレスホンは、携帯電話が普及する以前の1990年代前半、家庭や店舗などに広く普及した固定電話。受[…続きを読む]

コードレスホンで艶やかな声が聞こえる時間とは

絶対的な通話量は少なくなっているコードレスホンですが、場所と時間帯を考えれば、まだまだ受信のチャンスはあります。電話の内容が筒抜けになるだけに、コードレスホンは打撃力が大きなプライバシー無線と[…続きを読む]

コードレスホンは意外に高度な無線システムな件

コードレスホンは「もしもし」「はいはい」の同時通話を行うために、親機側と子機側で異なる2つの周波数帯を使用します。無線用語ではこれを「複信式」と呼んでいます。多くの無線通信でおなじみの「了解」[…続きを読む]

コードレスホンのアナログとデジタルの違いは?

コードレスホンは、壁から出ている電話端子に有線接続する電話機本体の「親機」と、配線が無く自由に持ち運べる受話器の「子機」で構成され、その間を電波で結んでいます。この電波の変調方式によって、コー[…続きを読む]

国際VHFで交わされる船乗りの決めゼリフとは?

船舶無線の国際VHFで最も重要なチャンネルが、156.800MHzの16chです。交信内では「チャンネル16」や「16チャンネル」と呼称され、呼び出し専用として使われます。国際VHFの通話方法[…続きを読む]

1990年代に大流行したコードレスホン受信の現在

1990年代に一般人をも巻き込んだ受信ブームが起こりました。その原動力となったのが、コードレスホン受信です。コードレスホンは、携帯電話が普及する以前の1990年代前半、家庭や店舗などに広く普及[…続きを読む]



船舶無線の国際VHFがアナログ運用のままの理由

船舶無線の中で通話が多く、受信しやすいのが、VHF帯の無線で「国際VHF」と呼ばれるもの。国際の文字から分かるように、世界共通の船舶無線システムになっています。なお、英語では「Marine V[…続きを読む]

簡易無線は35波が自由に使える460MHz帯が主力

アナログ波の簡易無線には、154MHz帯に9波と460MHz帯に35波が割当てられています。どちらも出力は5Wです。そしてもう1つ、348MHz帯に小エリア簡易無線が割当て。こちらはボディがコ[…続きを読む]

ミサイル発射情報も流れてくる漁業無線の周波数

陸上から見かける機会の少ない船舶は交通機関というイメージが浮かんできません。しかし、日本の近海には、大小いろいろな船舶が航行しています。これらの船舶との通信手段は無線です。船舶無線には、船舶の[…続きを読む]

アイドルが出待ちを避ける作戦も聞ける簡易無線

レジャー無線の主力が簡易無線です。簡易無線もデジタル化が進んでいますが、アナログ波の余命が2年間延びたおかげで、まだまだ受信できます。ちなみ、デジタル簡易無線の通話は、デジタル対応受信機で音声[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEの会話を探偵が盗聴する手口を見ていくとともに、それを防ぐ[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「デジタル式盗[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの確率と見分け方を紹介しましょう。[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、LINEに既読がつかないのです。[…続きを読む]